荷台積載の重機を忘れ、ガード手前の高さ制限バーに突っ込む

自動車 社会 社会

1月29日午後1時30分ごろ、大阪府貝塚市内の市道を走行していたトラックが、JR阪和線のガード下を通り抜けようとした際、荷台に積載されていた重機が手前の高さ制限バーに衝突する事故が起きた。人的な被害は無かったが、同線は一部区間が約3時間に渡ってストップした。

大阪府警・貝塚署によると、現場は貝塚市久保付近で幅員約3mの直線区間。トラックはJR阪和線のガード下を通り抜けようとしたところ、荷台に積載した重機がガード手前の高さ制限バー(高さ2.1m)に衝突。重機が引っかかり、バランスが崩れたことでトラックは車体前部が浮き上がる状態となり、ガードの橋桁にも接触している。

人的な被害は無かったが、JR阪和線は現場を含む一部区間が約3時間に渡ってストップした。警察ではトラックを運転していた49歳の男性から事情を聞いている。

聴取に対して男性は「荷台に重機を積載していることを忘れていた」などと供述しているようだ。警察では事故発生の経緯を詳しく調べている。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 社会 アクセスランキング

  1. 軽がトラックと正面衝突、非番の女性警官死亡

    軽がトラックと正面衝突、非番の女性警官死亡

  2. トレーラーのブレーキ引き摺りによる火災事故、3年間で82件に

    トレーラーのブレーキ引き摺りによる火災事故、3年間で82件に

  3. ダンプ衝突で信号柱倒壊、車2台に直撃

    ダンプ衝突で信号柱倒壊、車2台に直撃

  4. ドライバーの異常を車外に通知、ブレーキ灯点滅などで…保安基準を改正

  5. 自動操舵の10km/h制限を当分の間猶予…保安基準を改正

  6. ミラーレス車を解禁へ、国交省が基準を整備

  7. 「増設に向けた検討を指示」...バスタ新宿 女子トイレ問題

  8. ハミルトン、特注スーパーカーで事故…モナコ

  9. 『ETC 2.0』普及へ前進、経路別の料金優遇などサービス具体化へ

  10. 宇都宮市で13台中7台に整備命令 夜間の街頭検査

アクセスランキングをもっと見る