富士急行、バレンタインにあわせハート型の入場券を発売 | レスポンス(Response.jp)

富士急行、バレンタインにあわせハート型の入場券を発売

鉄道 企業動向

富士急行は2月1日、富士山駅(山梨県富士吉田市)で「ハート型寿駅入場券(バレンタインver)」の販売を始めた。発売額は170円。

縁起のいい駅名として知られる寿駅の入場券をハート型の硬券としたもの。富士急行は2015年12月にもクリスマスデザインのハート型入場券を販売しており、今回はハート型入場券シリーズの第2弾になる。

台紙はバレンタインにちなんでチョコレートをイメージしたデザインでまとめられており、「大切な人へ“あま~い一言”を書き込むことができます」(富士急行)。

寿駅は、富士急行線の三つ峠~葭池温泉前間にある富士吉田市内の無人駅。富士山麓電気鉄道時代の1929年に暮地駅の名で開業したが、1981年に現在の駅名に変更された。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品