富士急行、バレンタインにあわせハート型の入場券を発売

鉄道 企業動向

富士急行は2月1日、富士山駅(山梨県富士吉田市)で「ハート型寿駅入場券(バレンタインver)」の販売を始めた。発売額は170円。

縁起のいい駅名として知られる寿駅の入場券をハート型の硬券としたもの。富士急行は2015年12月にもクリスマスデザインのハート型入場券を販売しており、今回はハート型入場券シリーズの第2弾になる。

台紙はバレンタインにちなんでチョコレートをイメージしたデザインでまとめられており、「大切な人へ“あま~い一言”を書き込むことができます」(富士急行)。

寿駅は、富士急行線の三つ峠~葭池温泉前間にある富士吉田市内の無人駅。富士山麓電気鉄道時代の1929年に暮地駅の名で開業したが、1981年に現在の駅名に変更された。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

鉄道 アクセスランキング

  1. 新型新幹線 N700S、「進化」から「最高」へ…世界最軽量・低コスト・編成自由

    新型新幹線 N700S、「進化」から「最高」へ…世界最軽量・低コスト・編成自由

  2. 札幌の地下鉄から「昭和生まれ」消える…東豊線7000形が引退

    札幌の地下鉄から「昭和生まれ」消える…東豊線7000形が引退

  3. JR西日本の阪和線用225系改良車、7月から運転開始

    JR西日本の阪和線用225系改良車、7月から運転開始

  4. 伊豆急行の「新たな列車」、来年登場へ

  5. 西武鉄道と秩父鉄道、西武秩父発のSL列車再び運転…7・8月の2日間

  6. エヴァ新幹線、7月から再び運行へ…山陽新幹線「500 TYPE EVA」

  7. 札幌市地下鉄17年ぶりの新車「9000形」が東豊線にデビュー

  8. 日台友好列車走る脇で…台北・杉戸の一大車両工場が“進化”

  9. 京急電鉄、久里浜線の延伸事業など凍結…三浦半島の人口減受け

  10. ホワイト一色ピカピカ、これもアリ!? 塗装・ラップ中の東武200系[フォトレポート]

アクセスランキングをもっと見る