【デリーモーターショー16】VW ポロ GTI 改良新型、インド初公開…1.8ターボは192馬力

自動車 ニューモデル 新型車

フォルクスワーゲン ポロ GTI  改良新型
  • フォルクスワーゲン ポロ GTI  改良新型
  • フォルクスワーゲン ポロ GTI  改良新型
  • フォルクスワーゲン ポロ GTI  改良新型
  • フォルクスワーゲン ポロ GTI  改良新型
  • フォルクスワーゲン ポロ GTI  改良新型
  • フォルクスワーゲン ポロ GTI  改良新型
  • フォルクスワーゲン ポロ GTI  改良新型
  • フォルクスワーゲン ポロ GTI  改良新型
欧州の自動車最大手、フォルクスワーゲンは1月28日、インドで2月3日に開幕するデリーモーターショー(オートエキスポ)16において、改良新型『ポロGTI』をインド初公開すると発表した。

改良新型ポロGTIは2014年秋、パリモーターショー14でデビュー。ポロGTIは、『ポロ』のラインナップの頂点に位置する高性能グレード。ポロは2014年春、ジュネーブモーターショー14で改良新型を発表。それから半年を経たパリモーターショー14では、ポロGTIにも大幅改良が施された。

改良新型ポロGTIのハイライトは、新エンジンの搭載。直噴1.8リットル直列4気筒ガソリンターボ「TSI」は、最大出力192psを発生する。この数値は、従来の1.4リットル直列4気筒「TSI」ツインチャージャー(ターボ+スーパーチャージャー)の180psに対して、12psの向上。最大トルクは25.5kgmと変わらない。

トランスミッションは7速デュアルクラッチの「DSG」に加えて、6速MTを初設定。この6速MTに限って、最大トルクは32.6kgmへ、7.1kgm引き上げられた。改良新型ポロGTI は、0‐100km/h加速6.7秒、最高速236km/hのパフォーマンスを実現する。従来比で、0‐100km/h加速は0.2秒短縮。最高速は11km/h伸びた。

内外装も変更。外観は、バンパーやアルミホイールなどが新デザイン。室内は、フラットボトムステアリングホイール(『ゴルフGTI』と共通)や、スポーツシートなどを新デザインとした。サスペンションやブレーキなど、足回りは強化されている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. フォード GT 新型は価格も“スーパー”…アヴェンタドール 超え40万ドル台半ばに

    フォード GT 新型は価格も“スーパー”…アヴェンタドール 超え40万ドル台半ばに

  2. ついに来た「ベイビーパナメーラ」! ポルシェ パジュン の姿

    ついに来た「ベイビーパナメーラ」! ポルシェ パジュン の姿

  3. GM、「ZR1」を再び商標登録…コルベット に最強版か

    GM、「ZR1」を再び商標登録…コルベット に最強版か

  4. ダッジ バイパー 生産終了へ…米国の代表的スポーツカー、25年の歴史に幕

  5. ホンダ、新型フリード をホームページで先行公開

  6. ポルシェ初のワゴン「シューティングブレーク」高速テストを見た[動画]

  7. 【カーグッズ】チャイルドシート事情…忘れがちな「子どもの快適性」

  8. メルセデス Aクラス、次世代型はSUV風に進化する!?

  9. 【グッドウッド16】ニュルFF最速、VW ゴルフ GTI クラブスポーツS…ヒルクライムに

  10. スズキ スイフト 次期型か!? 試作車をキャッチ

アクセスランキングをもっと見る