新車登録台数、日産が4か月ぶりに2位浮上…1月ブランド別

自動車 ビジネス 国内マーケット

日産 ノート
  • 日産 ノート
  • トヨタ アクア
日本自動車販売協会連合会が発表した2016年1月のブランド別新車登録台数(軽を除く)によると、日産自動車が3万2330台(前年同期比4.7%減)を販売し、4か月ぶりに2位に浮上した。

前月まで3か月連続で2位の座を守ってきたホンダは、2万6555台(同7.6%減)と販売台数が落ち込んだ。首位トヨタは10万6536台(同3.9%増)と、好調なセールスを記録した。

以下、乗用車ブランドでは、スバル、スズキ、レクサス、三菱自動車がプラス。マツダとダイハツがマイナスだった。

1位:トヨタ 10万6536台(3.9%増)
2位:日産  3万2330台(4.7%減)
3位:ホンダ 2万6555台(7.6%減)
4位:マツダ 1万7109台(5.8%減)
5位:スバル 1万1089台(2.6%増)
6位:スズキ 6681台(23.3%増)
7位:レクサス 4737台(35.9%増)
8位:いすゞ 4529台(8.8%減)
9位:三菱自動車 3991台(13.8%増)
10位:日野  3912台(3.1%減)
11位:三菱ふそう 2394台(0.8%減)
12位:UDトラックス 638台(5.3%減)
13位:ダイハツ 115台(4.2%減)
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. トミカ、初の充電式自動走行モデルを発売

    トミカ、初の充電式自動走行モデルを発売

  2. 三菱自 池谷副社長、「7月の軽自動車受注は前年の2倍近くに」

    三菱自 池谷副社長、「7月の軽自動車受注は前年の2倍近くに」

  3. スズキ、インドの小型商用車セグメントに初参入…スーパーキャリイ を発売

    スズキ、インドの小型商用車セグメントに初参入…スーパーキャリイ を発売

  4. 【メルセデスベンツ Eクラス 新型】Amazonと協力してレンタルキャンペーン

  5. ポルシェ、EVスポーツの開発と生産準備…1400名以上を雇用

  6. 三菱ふそう、バス床下の腐食点検を呼びかけ…重大事故のおそれ

  7. データシステム、車種別サイドカメラキットに新型プリウス用を追加

  8. 日産 星野専務「7月の国内受注は非常に好調だった」

  9. 米マツダ、Bシリーズ をリコール…タカタ製エアバッグに不具合

  10. 日産自動車、4年ぶりの減益…売上台数増も円高で 第1四半期決算

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら