【デリーモーターショー16】横浜ゴム、チェルシーFCパートナーシップ記念タイヤなど出展

自動車 ビジネス 海外マーケット

横浜ゴム ブースイメージ
  • 横浜ゴム ブースイメージ
横浜ゴムのインド現地法人であるヨコハマ・インディアは、2月3日から9日までンドで開催される「第13回 デリーモーターショー(オートエキスポ)」に出展する。

出展ブースは昨年7月からパートナーシップ契約を開始した英国プレミアリーグ「チェルシーFC」を全面に押し出したデザインとし、チェルシーFCのロゴを刻印したパートナーシップ記念タイヤ「ブルーアース-A チェルシーFCエディション」も展示する。

メイン商品ではグローバル・フラッグシップブランド「ADVAN」やSUV用タイヤブランド「GEOLANDAR」、インド専用の「YOKOHAMA Earth-1」やスポーツタイヤ「S.drive」を展示する。さらに、日本で販売している低燃費タイヤブランド「BluEarth」から低燃費フラッグシップタイヤ「BluEarth-1 EF20」を参考出品し、環境問題への意識が高まっているインド国内のユーザーにヨコハマタイヤの優れた環境技術を訴求する。

横浜ゴムは2007年4月に現地法人ヨコハマ・インディアを設立し、需要増が確実視されるインド市場でのマーケティング活動と販売網の整備を進めてきた。2014年11月からデリーに隣接するハリアナ州で乗用車用タイヤ工場の操業を開始し、販売力と供給力のさらなる強化を図っている。

同モーターショーは隔年開催で、ヨコハマ・インディアは2008年から5回連続で出展している。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. オートエクゼ、アテンザ用ストリートスポーツ チューニングキットを発売

    オートエクゼ、アテンザ用ストリートスポーツ チューニングキットを発売

  2. クルマを置かないVRショール―ム…代官山蔦屋書店のメルセデス・ベンツ日本に行ってきた

    クルマを置かないVRショール―ム…代官山蔦屋書店のメルセデス・ベンツ日本に行ってきた

  3. 米EVテスラ、小型SUVとピックアップトラック市場に参入へ

    米EVテスラ、小型SUVとピックアップトラック市場に参入へ

  4. 【池原照雄の単眼複眼】出発点は「謙虚」…マツダの新しい走り「G-ベクタリング」

  5. 【リコール】スズキ イグニス、走行中にドアが開くおそれ

  6. クルマを置かないVRショール―ム…タッチポイントが増える

  7. 車内温度を素早く下げるには「エアコン+窓全開走行」がおすすめ…JAF検証

  8. オートエクゼ、ラムエアインテークにディーゼルエンジン搭載車用を追加設定

  9. 【池原照雄の単眼複眼】ソウルレッドの次はこれだ…マツダの新ボディカラー

  10. 軽自動車の世帯当たり普及台数…100世帯に54.3台 2015年末現在

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら