【トヨタ プリウス 試乗】プレーンだが自然体な走りの「Eグレード」…島崎七生人

試乗記 国産車

トヨタ プリウス E
  • トヨタ プリウス E
  • トヨタ プリウス E
  • トヨタ プリウス E
  • トヨタ プリウス E
  • トヨタ プリウス E
  • トヨタ プリウス E
  • トヨタ プリウス E
  • トヨタ プリウス E
“燃費スペシャル”というEグレード。なるほどカタログで40.8km/リットルを謳うのは、素の状態のこのグレードのみで、プラスαの装備を足し、車重が1320kg以上(標準は1310kg)になった場合でも39.0km/リットルと、主要グレード(37.2km/リットル)を上回る。

さぞカリカリにチューンされた約しいモデルだろう……そんなコチラの予測に反し、実車の走りは想像以上に快適だった。とくに乗り心地自体、同じ15インチタイヤの「S」や17インチタイヤ(ツーリングセレクション系)より上手と思えるほどで、つまり低グレードにありがちな粗雑がない。クルマの動きやステアリングフィール、反応も自然でよく、15インチタイヤで力不足、頼りなさは微塵も感じないのがいい。

訊けば「E」では、上位グレードと共通のリチウムイオンバッテリーを搭載するが、それは軽量化(マイナス15kg)のためという。また遮音材等も多少省かれているのだという。にもかかわらず走行中の音・振動のレベルは気にならないし、むしろ自然体で走っている印象で清々しいほどだった。

動力性能は新型のそれで、不満、ストレスを感じない。プレーンだが、最新のポテンシャルが手に入るクールな選択肢かもしれない。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★★
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★★★

島崎七生人|AJAJ会員/モータージャーナリスト
1958年・東京生まれ。大学卒業後、編集制作会社に9年余勤務。雑誌・単行本の編集/執筆/撮影を経験後、1991年よりフリーランスとして活動を開始。以来自動車専門誌ほか、ウェブなどで執筆活動を展開、現在に至る。 便宜上ジャーナリストを名乗るも、一般ユーザーの視点でクルマと接し、レポートするスタンスをとっている。
《島崎七生人》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品