【トヨタ プリウス 試乗】プレーンだが自然体な走りの「Eグレード」…島崎七生人

試乗記 国産車

トヨタ プリウス E
  • トヨタ プリウス E
  • トヨタ プリウス E
  • トヨタ プリウス E
  • トヨタ プリウス E
  • トヨタ プリウス E
  • トヨタ プリウス E
  • トヨタ プリウス E
  • トヨタ プリウス E
“燃費スペシャル”というEグレード。なるほどカタログで40.8km/リットルを謳うのは、素の状態のこのグレードのみで、プラスαの装備を足し、車重が1320kg以上(標準は1310kg)になった場合でも39.0km/リットルと、主要グレード(37.2km/リットル)を上回る。

さぞカリカリにチューンされた約しいモデルだろう……そんなコチラの予測に反し、実車の走りは想像以上に快適だった。とくに乗り心地自体、同じ15インチタイヤの「S」や17インチタイヤ(ツーリングセレクション系)より上手と思えるほどで、つまり低グレードにありがちな粗雑がない。クルマの動きやステアリングフィール、反応も自然でよく、15インチタイヤで力不足、頼りなさは微塵も感じないのがいい。

訊けば「E」では、上位グレードと共通のリチウムイオンバッテリーを搭載するが、それは軽量化(マイナス15kg)のためという。また遮音材等も多少省かれているのだという。にもかかわらず走行中の音・振動のレベルは気にならないし、むしろ自然体で走っている印象で清々しいほどだった。

動力性能は新型のそれで、不満、ストレスを感じない。プレーンだが、最新のポテンシャルが手に入るクールな選択肢かもしれない。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★★
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★★★

島崎七生人|AJAJ会員/モータージャーナリスト
1958年・東京生まれ。大学卒業後、編集制作会社に9年余勤務。雑誌・単行本の編集/執筆/撮影を経験後、1991年よりフリーランスとして活動を開始。以来自動車専門誌ほか、ウェブなどで執筆活動を展開、現在に至る。 便宜上ジャーナリストを名乗るも、一般ユーザーの視点でクルマと接し、レポートするスタンスをとっている。
《島崎七生人》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

試乗記 アクセスランキング

  1. 【マツダ アクセラ 試乗】とんでもなくいいものでごめんなさい…岩貞るみこ

    【マツダ アクセラ 試乗】とんでもなくいいものでごめんなさい…岩貞るみこ

  2. 【アストンマーティン DB11 試乗】“GT”究極の高みへ…山崎元裕

    【アストンマーティン DB11 試乗】“GT”究極の高みへ…山崎元裕

  3. 【トヨタ プリウスPHV 試乗】ハイブリッドにEVの魅力を積極的に取り入れた…斎藤聡

    【トヨタ プリウスPHV 試乗】ハイブリッドにEVの魅力を積極的に取り入れた…斎藤聡

  4. 【トヨタ プリウスPHV 試乗】「普段はEV、長距離レジャーはHV」具現化したミライ型プリウス…諸星陽一

  5. 【トヨタ プリウスPHV 試乗】これがプリウスの本命だ…高山正寛

  6. 【VW ザ・ビートル デューン 試乗】デューンバギーの面影はないけれど…中村孝仁

  7. 【スズキ ソリオ 試乗】軽に見えちゃうけど、中身は相当すごい…中村孝仁

  8. 【トヨタ プリウスPHV 試乗】今度は目論見通りのクルマに…中村孝仁

  9. 【トヨタ クラウン アスリートS-T 試乗】クラウン にも押し寄せたダウンサイジングの波…諸星陽一

  10. 【MINI クーパーD 試乗】待望の5ドアディーゼルミニ、気に入っちゃいました…中村孝仁

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら