首都圏で外国人にも分かりやすい道路標識に改善…重点整備エリアから

自動車 社会 行政

外国人に分かりやすい道路標識への改善事例
  • 外国人に分かりやすい道路標識への改善事例
国土交通省は、2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会に向けて、訪日外国人旅行者をはじめとする様々な来訪者にわかりやすい案内となるよう、首都圏で道路標識の改善を推進する。

道路標識適正化委員会東京都部会で、東京都内を対象に、2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会に向けた道路標識改善の取り組み方針を作成した。

具体的には英語表記について例えば「Manseibashi(万世橋)」を「Manseibashi Bridge」に改善するほか、通称名表記や文字サイズを拡大する。

今後、各道路管理者は、この取り組み方針に沿って道路標識の改善を進める。今年度中に重点整備エリアの秋葉原、蒲田(羽田空港周辺)で先行的に着手する。重点整備エリアとなる戦略拠点の押上・業平橋(スカイツリー周辺)、銀座、オリンピック・パラリンピック施設周辺エリアの一部(国会周辺)では、既に「英語表記改善」を実施済。

また、千葉県、埼玉県、神奈川県の周辺地域でも、道路標識改善の取り組み方針の策定に向けて、検討を進める。
《レスポンス編集部》

《PR》関連記事

関連ニュース

特集

おすすめの商品