JR九州の蓄電池電車、愛称は「DENCHA」…4月から試験運転

鉄道 企業動向

819系「DENCHA」の外観イメージ。ドア部などに青を入れたデザインでまとめられる。
  • 819系「DENCHA」の外観イメージ。ドア部などに青を入れたデザインでまとめられる。
  • 「DENCHA」の内装イメージ。4月から試験運転が行われ、秋からの営業運転開始が予定されている。
JR九州は1月29日、同社が開発を進めている架線式蓄電池電車のデザインを発表した。形式は819系で、愛称は「DENCHA」。4月から試験運転を行い、秋から営業運転を開始する。

発表によると、車両のコンセプトは「『人と地球の未来にやさしい』をイメージした車体」。817系電車をベースに、車体外板には地球をイメージしたという青色をドア部などに入れる。愛称の「DENCHA」は「Dual ENergy CHArge train」から採った。

交流電化区間では従来の電車と同様、集電装置(パンタグラフ)を使って架線から電気を取り入れ、モーターに電力を供給するとともに蓄電池に充電する。非電化区間では蓄電池からモーターに電力を供給。ブレーキをかけたときに発生する回生エネルギーは蓄電池に充電する。

また、車内の冷暖房効果を高めるため、筑肥線の305系電車で採用した押しボタン式開閉ドアを導入する。車内にはドア上部に視認性の高い液晶画面を設け、停車駅や乗換案内、ドア操作の案内などを表示。電力の流れに関する案内も表示する。車内照明はLEDを採用する。

「DENCHA」は筑豊本線若松~折尾間(若松線)などで運用される。JR九州は4月から2両(2両編成1本)の試験運転を行い、秋から営業運転を開始。2017年春には12両(2両編成6本)を追加投入する予定だ。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

鉄道 アクセスランキング

  1. 神奈川東部方面線、2022年下期の開業に…当初より3年遅れ

    神奈川東部方面線、2022年下期の開業に…当初より3年遅れ

  2. JR西日本、山陰エリアにICカード導入…岡山エリアと接続

    JR西日本、山陰エリアにICカード導入…岡山エリアと接続

  3. ホームドア設置「前倒しは難しい」...東京メトロ

    ホームドア設置「前倒しは難しい」...東京メトロ

  4. ホームドア設置計画とホーム警備員増配置を見直す...東京メトロ

  5. JR東海、高山本線の高山駅を橋上化…通路に「祭屋台」

  6. JR九州の蓄電池電車、若松線で10月19日デビュー…試乗会も開催

  7. 交政審、東京圏の鉄道整備案を公表…新線の「ランク付け」行わず

  8. 北海道新幹線に30km超の陸上トンネル建設へ…鉄道・運輸機構が計画変更

  9. JR東日本、高崎支社の211系をリニューアル

  10. 東武、昭和の蒸気機関車時代…面影残す千住のレール[フォトレポート]

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら