JR九州の蓄電池電車、愛称は「DENCHA」…4月から試験運転

鉄道 企業動向

819系「DENCHA」の外観イメージ。ドア部などに青を入れたデザインでまとめられる。
  • 819系「DENCHA」の外観イメージ。ドア部などに青を入れたデザインでまとめられる。
  • 「DENCHA」の内装イメージ。4月から試験運転が行われ、秋からの営業運転開始が予定されている。
JR九州は1月29日、同社が開発を進めている架線式蓄電池電車のデザインを発表した。形式は819系で、愛称は「DENCHA」。4月から試験運転を行い、秋から営業運転を開始する。

発表によると、車両のコンセプトは「『人と地球の未来にやさしい』をイメージした車体」。817系電車をベースに、車体外板には地球をイメージしたという青色をドア部などに入れる。愛称の「DENCHA」は「Dual ENergy CHArge train」から採った。

交流電化区間では従来の電車と同様、集電装置(パンタグラフ)を使って架線から電気を取り入れ、モーターに電力を供給するとともに蓄電池に充電する。非電化区間では蓄電池からモーターに電力を供給。ブレーキをかけたときに発生する回生エネルギーは蓄電池に充電する。

また、車内の冷暖房効果を高めるため、筑肥線の305系電車で採用した押しボタン式開閉ドアを導入する。車内にはドア上部に視認性の高い液晶画面を設け、停車駅や乗換案内、ドア操作の案内などを表示。電力の流れに関する案内も表示する。車内照明はLEDを採用する。

「DENCHA」は筑豊本線若松~折尾間(若松線)などで運用される。JR九州は4月から2両(2両編成1本)の試験運転を行い、秋から営業運転を開始。2017年春には12両(2両編成6本)を追加投入する予定だ。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

鉄道 アクセスランキング

  1. 関西の磁気式共通カード「スルッとKANSAI」、来年3月限りで発売終了

    関西の磁気式共通カード「スルッとKANSAI」、来年3月限りで発売終了

  2. JR西日本、大阪環状線の新型電車「323系」公開…「斜めの発想」とり入れ

    JR西日本、大阪環状線の新型電車「323系」公開…「斜めの発想」とり入れ

  3. JR東日本の仙石東北ライン、8月6日から女川直通

    JR東日本の仙石東北ライン、8月6日から女川直通

  4. 鉄道の災害運休区間、大雨の影響で約17km増…6月末

  5. 新型新幹線 N700S、「進化」から「最高」へ…世界最軽量・低コスト・編成自由

  6. JR北海道、留萌線留萌~増毛間の12月廃止を正式決定…廃止日を繰上げ

  7. JR西日本、225系「アップデート」車両を公開…阪和線などに投入

  8. JR東海、東海道線草薙駅を橋上化…9月18日から

  9. JR東日本、上越新幹線で新潟の「朝採り」枝豆を車内販売…7月から

  10. JR九州、豊肥線の熊本・大分県境部を7月9日再開へ…特急も一部再開

アクセスランキングをもっと見る