ハーレー ローライダーS 発売…ツインカム110搭載のスペシャルモデル第3弾

モーターサイクル 新型車

ハーレー ローライダーS
  • ハーレー ローライダーS
  • ハーレー ローライダーS
  • ハーレー ローライダーS
  • ハーレー ローライダーS
  • ハーレー ローライダーS
  • ハーレー ローライダーS
  • ハーレー ローライダーS
  • ハーレー ローライダーS
ハーレーダビッドソン ジャパン(HDJ)は、スペシャルモデル「Sシリーズ」に『ローライダー S』を追加し、1月28日より販売を開始した。

ローライダー Sは、『ファットボーイS』『ソフテイル スリムS』に続く、Sシリーズ第3弾となるクルーザーモデル。俊敏性に優れたダイナのシャーシに強力なパワーを発揮するスクリーミンイーグル ツインカム110(1801cc)エンジンを搭載し、ヘビーブリーザーインテークを追加。トールバーやミッドマウントコントロール、新型のシートに加え、フロントとリアには高品質のサスペンションを採用する。

外観は、ブラックアウトしたスタイルを打ち出しながらも、タンクバッジやピンストライプなどのゴールドのアクセントを加え、スプリット5スポークキャストアルミホイールにマッチさせている。

価格は229万円。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

モーターサイクル アクセスランキング

  1. 【人とくるまのテクノロジー16】ハブステア採用の電動スーパーバイク、2017年に発売か…サイエッタ

    【人とくるまのテクノロジー16】ハブステア採用の電動スーパーバイク、2017年に発売か…サイエッタ

  2. ハーレーの次世代ダートトラックレーサー XG750R がレースデビュー

    ハーレーの次世代ダートトラックレーサー XG750R がレースデビュー

  3. 【人とくるまのテクノロジー16】アウトバーンも難なく! ヤマハ MT-10 本邦初公開

    【人とくるまのテクノロジー16】アウトバーンも難なく! ヤマハ MT-10 本邦初公開

  4. ユピテル、バイク用ナビ BNV-1 発売…2016年版までのツーリングマップルと連動

  5. ヤマハ発動機、三輪コミューター第2弾 トリシティ155 を発売

  6. 【人とくるまのテクノロジー16】OBD対応も視野に、ボッシュの二輪用小型ECU

  7. トライアンフ、スラクストン スタンダードモデルを日本導入…161万2000円

  8. 二輪車国内生産、12.6%増の4万0521台で3か月連続のプラス…4月

  9. ヴィクトリー マグナム に限定モデル、クラス最大音量200Wのサウンドシステムを搭載

  10. 【人とくるまのテクノロジー16】ヤマハ、日本未発表の欧州向け最高峰モデル MT-10 を展示…跨りOK

アクセスランキングをもっと見る