【リコール】日産 NV350 キャラバン 3万6000台、発電機不具合で走行中エンストのおそれ

自動車 ビジネス 企業動向

日産・NV350キャラバン
  • 日産・NV350キャラバン
  • 改善箇所(オルタネータ)
  • 改善箇所(エンジン制御コンピュータ)
日産自動車は1月28日、『NV350 キャラバン』などの発電機(オルタネータ)およびエンジン制御コンピュータに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは日産『NV350 キャラバン』といすゞ『コモ』2車種のディーゼルエンジン車で、2012年6月16日から2015年3月11日に製造された3万6096台。

オルタネータについては、補機ベルトからの圧力に対してプーリー内のベアリングの耐久性が不足しているため、エンジンの回転変動の繰り返しにより当該ベアリングが破損するものがある。そのため、そのまま使用を続けると、当該プーリーが脱落して充電警告灯が点灯し、最悪の場合、走行中にエンストし再始動できなくなるおそれがある。

改善措置として、全車両、当該オルタネータおよび補機ベルトを対策品と交換する。また、寒冷地仕様車は、エンジン制御コンピュータを対策品のオルタネータに適合したプログラムに修正する。

不具合は87件発生、事故は起きていない。市場からの情報により発見した。

エンジン制御コンピュータについては、DPF(ディーゼル粒子状物質除去装置)において、高速走行などの高負荷運転後の再生(捕集した粒子状物質の燃焼除去)時に、排気ガス温度が高い場合がある。そのため、高速走行などの高負荷運転後に、排気管出口付近が草などで覆われるような場所に停車してDPFの再生を行なった場合、排気管後方の草などが発火し、車体などを焼損するおそれがある。

改善措置として、全車両、エンジン制御コンピュータのプログラムを修正する。

不具合は3件発生、部分焼損事故が1件起きている。市場からの情報により発見した。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. マツダ青山執行役員、国内販売大幅減も「正価販売は今後も継続する」

    マツダ青山執行役員、国内販売大幅減も「正価販売は今後も継続する」

  2. スバル富士重、国内外販売好調…総生産台数は8か月連続プラス 6月実績

    スバル富士重、国内外販売好調…総生産台数は8か月連続プラス 6月実績

  3. ホンダの総生産台数、13か月連続プラス…7.8%増の42万5305台 6月実績

    ホンダの総生産台数、13か月連続プラス…7.8%増の42万5305台 6月実績

  4. ホイールアライメントって何? 調整の必要な理由とは

  5. 「フェラーリやってます」輸入車販売のニコル、横浜でモーターショー

  6. 日産のグローバル生産台数、過去最高…48万7908台 6月実績

  7. 【リコール】UDトラックス クオン、謎の自動ブレーキ…プログラム不具合だった

  8. マツダ 藤本常務、円高には「会社のリソーセス総動員して対応」

  9. トヨタ、国内販売が4か月連続のプラス 6月実績

  10. マツダ、国内販売が9か月連続マイナス…36.4%減 6月実績

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら