BMW、プラグインハイブリッドでも「駆け抜ける歓び」…車種に応じたシステム

自動車 ニューモデル 新型車

BMW 330e(左)と225xeアクティブツアラー(右)
  • BMW 330e(左)と225xeアクティブツアラー(右)
  • BMW 330e
  • トヨタ 225xeアクティブツアラー
  • トヨタ 225xeアクティブツアラー
  • BMW 330e
  • BMW 330e
  • トヨタ 225xeアクティブツアラー
  • BMW 330e
BMWグループジャパンは、プラグインハイブリッドモデルの『330e』と『225xeアクティブツアラー』を発表。どちらもゼロエミッション走行が可能で、環境にやさしいだけではなく、BMWブランドの価値である“駆け抜ける歓び”を犠牲にせずに実現しているという。

「これはBMW『i3』や、『i8』を含めたBMWの電動化技術eドライブを採用するモデルの特徴で、ユーザーに我慢を強いてエコを実現するのではなく、これまでと変わらない運転する喜びに加え、環境問題に対応する喜びをも実現してくれるモデルだ」と話すのは、BMWグループジャパンBMWブランド・マネジメントディビジョンプロダクト・マーケティングマネジャーの岡田裕治氏。

現在BMWでは 2014年にプラグインハイブリッドスポーツカーのi8、2015年9月に『X5』のプラグインハイブリッドモデル、『X5 xDrive40e』を導入。そして今回330e、225xeアクティブツアラーがラインナップに加わることで、BMWのプラグインハイブリッドモデルは4モデルとなった。さらに今年度中には7シリーズのプラグインハイブリッドモデル、『740e』を追加導入する計画だ。「このようにBMWでは様々なモデルにハイブリッドモデル、プラグインハイブリッドモデルを展開する」という。

一方、「BMWは単一のプラグインハイブリッドシステムを全てのモデルで使い回すということはせず、それぞれのモデルの特徴に応じて、システムを使い分ける」と岡田氏。具体的には、「非常にスポーティーなデザインを身にまとったi8の場合は、それゆえにデザイン上の制約が非常に大きかったので、電気モーターをフロントに、エンジンをリアに並列に配置し、前輪駆動、後輪駆動、四輪駆動を使い分けている」と説明。また、クルマの中央部分に通常のプロペラシャフトに変えて、重量の重いリチウムイオンバッテリーを配置することで、スポーツカーならではの最適な重量配分を実現している。

また、「オフロードでもオンロードでも、優れた性能を発揮するスポーツアクティビティービークルのX5では、エンジンと電気モーターを直列に配置し常に四輪を駆動するシステムを採用している」と述べ、そのクルマの特性に応じてハイブリッドシステムを変更していることを語った。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. 【日産 セレナ 新型】豊田合成のキャップレス給油口を採用

    【日産 セレナ 新型】豊田合成のキャップレス給油口を採用

  2. VW ゴルフ 改良新型、今度は ヴァリアント の画像リーク

    VW ゴルフ 改良新型、今度は ヴァリアント の画像リーク

  3. 【レヴォーグ STIスポーツ】ユーザーに寄り添える内装色

    【レヴォーグ STIスポーツ】ユーザーに寄り添える内装色

  4. 【トヨタ プリウスPHV 新型】EV走行60kmで犠牲になったもの

  5. クラウン&ランクル、トヨタ店創立70周年記念特別仕様車を発売

  6. 【パリモーターショー16】ホンダ シビック タイプR 次期型、予告コンセプトお披露目か

  7. 【トヨタ プリウスPHV 新型】現行プリウスベースのPHV、EVモード航続距離は60kmに[写真蔵]

  8. 【パリモーターショー16】シトロエン Cエクスペリエンス 発表へ…最上級車?

  9. 【ペブルビーチ 16】レクサス LC500、パワー向上…北米は471馬力

  10. 【ホンダ NSX 新型】開発責任者クラウス氏「日米開発者の文化の衝突がNSXを作った」

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら