BMW、プラグインハイブリッドでも「駆け抜ける歓び」…車種に応じたシステム

自動車 ニューモデル 新型車

BMW 330e(左)と225xeアクティブツアラー(右)
  • BMW 330e(左)と225xeアクティブツアラー(右)
  • BMW 330e
  • トヨタ 225xeアクティブツアラー
  • トヨタ 225xeアクティブツアラー
  • BMW 330e
  • BMW 330e
  • トヨタ 225xeアクティブツアラー
  • BMW 330e
BMWグループジャパンは、プラグインハイブリッドモデルの『330e』と『225xeアクティブツアラー』を発表。どちらもゼロエミッション走行が可能で、環境にやさしいだけではなく、BMWブランドの価値である“駆け抜ける歓び”を犠牲にせずに実現しているという。

「これはBMW『i3』や、『i8』を含めたBMWの電動化技術eドライブを採用するモデルの特徴で、ユーザーに我慢を強いてエコを実現するのではなく、これまでと変わらない運転する喜びに加え、環境問題に対応する喜びをも実現してくれるモデルだ」と話すのは、BMWグループジャパンBMWブランド・マネジメントディビジョンプロダクト・マーケティングマネジャーの岡田裕治氏。

現在BMWでは 2014年にプラグインハイブリッドスポーツカーのi8、2015年9月に『X5』のプラグインハイブリッドモデル、『X5 xDrive40e』を導入。そして今回330e、225xeアクティブツアラーがラインナップに加わることで、BMWのプラグインハイブリッドモデルは4モデルとなった。さらに今年度中には7シリーズのプラグインハイブリッドモデル、『740e』を追加導入する計画だ。「このようにBMWでは様々なモデルにハイブリッドモデル、プラグインハイブリッドモデルを展開する」という。

一方、「BMWは単一のプラグインハイブリッドシステムを全てのモデルで使い回すということはせず、それぞれのモデルの特徴に応じて、システムを使い分ける」と岡田氏。具体的には、「非常にスポーティーなデザインを身にまとったi8の場合は、それゆえにデザイン上の制約が非常に大きかったので、電気モーターをフロントに、エンジンをリアに並列に配置し、前輪駆動、後輪駆動、四輪駆動を使い分けている」と説明。また、クルマの中央部分に通常のプロペラシャフトに変えて、重量の重いリチウムイオンバッテリーを配置することで、スポーツカーならではの最適な重量配分を実現している。

また、「オフロードでもオンロードでも、優れた性能を発揮するスポーツアクティビティービークルのX5では、エンジンと電気モーターを直列に配置し常に四輪を駆動するシステムを採用している」と述べ、そのクルマの特性に応じてハイブリッドシステムを変更していることを語った。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. 【スバル インプレッサ 新型】躍動感を与えお客様がワクワクドキドキするデザインへ

    【スバル インプレッサ 新型】躍動感を与えお客様がワクワクドキドキするデザインへ

  2. マツダ アテンザ と アクセラ に高性能版か…2.5ターボ搭載の可能性

    マツダ アテンザ と アクセラ に高性能版か…2.5ターボ搭載の可能性

  3. 自転車vsフェラーリ、加速競争で“まさか”の結末[動画]

    自転車vsフェラーリ、加速競争で“まさか”の結末[動画]

  4. ポルシェ パナメーラ 新型、ニュルアタック…ジュリア 凌駕で高級セダン最速[動画]

  5. 出た!スズキ スイフト 次期型、衝撃のフロントマスク[写真12枚]

  6. ラ・フェラーリ のオープン、ボディ剛性はクーペと同等

  7. BMW 5シリーズ 次期型、開発プロトタイプ車を初公開

  8. 【日産 セレナ 新型】星野専務「予約好調、ロケットスタート切る」 8月24日発売

  9. 日産 GT-R 2017年モデル、7月27日より発売…996万0840円から

  10. 【スバル インプレッサ 新型】ヘキサゴンとコの字の組み合わせは今後のスバルの顔

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら