BMWジャパン「500万円台は最量販価格帯」…PHV投入で

自動車 ニューモデル 新型車

BMW 330e
  • BMW 330e
  • BMW 330e
  • BMW 330e
  • BMW 330e
  • BMW 330e
  • BMW 330e
  • BMW 330e
  • BMW 330e
ビー・エム・ダブリュー(BMWジャパン)はプラグインハイブリッドモデルの、『330e』と『225xeアクティブツアラー』を発表。戦略的な価格設定により、多くのユーザーにBMWのプラグインハイブリッドを提供することで、CO2排出量の低減に貢献するという。

330eの価格設定は554万円から。クリーンディーゼルと比較をすると、約48万円高だ。同社BMWブランド・マネジメントディビジョンプロダクト・マーケティングマネジャーの岡田裕治氏によると、「これにより、BMW 3シリーズは環境に対応した3つのパワートレインすべてを 500万円台で選択できる唯一のモデルになった」という。

この500万円台の意味について岡田氏は、「BMWの最量販の価格帯がこの 500万円台なのだ。この最量販の価格帯にプラグインハイブリッドモデルを導入し、より多くのユーザーに BMWのプラグインハイブリッドを乗ってもうことで、CO2排出量の低減を図りたい」とコメント。

2シリーズアクティブツアラーも、「戦略的に500万円を切る価格をスタートポイントとして設定した」とし、「コンパクトセグメントにおいて、広々とした室内空間をもつ唯一のプラグインハイブリッドモデルであることから、この価格付けにより、他の輸入車コンパクトセグメントのプラグインハイブリッドモデルに対しても圧倒的な価格優位性を実現している」と自信を見せる。

岡田氏は、「最量販の価格帯に環境エンジンを投入するという価格政策の考え方は、クリーンディーゼルでも同様だ」と述べる。そして、「環境性能の高いモデルを開発し投入しただけでは十分ではなく、そのモデルを最量販帯で販売して初めて導入の意義が実現できると考えている」と話す。

そして、BMWのプラグインハイブリッドモデルの特徴について、「単にゼロエミッション走行が可能で、環境に優しいというだけではない。BMWのブランドスローガンに代表される駆け抜ける喜び。この卓越した運動性能を環境性能と同時に高次元で実現している」と説明した。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. 【ホンダ NSX 新型】展示は販売店以外で…羽田空港、表参道ヒルズはじめ、名古屋、大阪でイベント

    【ホンダ NSX 新型】展示は販売店以外で…羽田空港、表参道ヒルズはじめ、名古屋、大阪でイベント

  2. MINIセブン 発売、原点「オースチン・セブン」を彷彿

    MINIセブン 発売、原点「オースチン・セブン」を彷彿

  3. フォルクスワーゲン CC 後継車、画像がリーク…4ドアクーペ健在

    フォルクスワーゲン CC 後継車、画像がリーク…4ドアクーペ健在

  4. ランドローバー ディスカバリースポーツ、2017年モデルの受注開始

  5. 【ホンダ NSX 新型】八郷社長「車がただの道具になってもらっては困る」

  6. 【ホンダ NSX 新型】開発責任者クラウス氏「競合車はない。これははっきりしている」

  7. 日産 GT-R NISMO、2017年モデル発売…空力性能を向上 1870万0200円

  8. 【ホンダ NSX 新型】国内販売価格は2370万円、2017年2月27日より発売

  9. 【レヴォーグ STIスポーツ】上質な内装と疲れないクルマを求めてドアポケットにまでこだわり

  10. レクサス CT、クールスタイルの特別仕様…HS、RC、RC F、NX、LSは一部改良

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら