BMWジャパン「500万円台は最量販価格帯」…PHV投入で

自動車 ニューモデル 新型車

BMW 330e
  • BMW 330e
  • BMW 330e
  • BMW 330e
  • BMW 330e
  • BMW 330e
  • BMW 330e
  • BMW 330e
  • BMW 330e
ビー・エム・ダブリュー(BMWジャパン)はプラグインハイブリッドモデルの、『330e』と『225xeアクティブツアラー』を発表。戦略的な価格設定により、多くのユーザーにBMWのプラグインハイブリッドを提供することで、CO2排出量の低減に貢献するという。

330eの価格設定は554万円から。クリーンディーゼルと比較をすると、約48万円高だ。同社BMWブランド・マネジメントディビジョンプロダクト・マーケティングマネジャーの岡田裕治氏によると、「これにより、BMW 3シリーズは環境に対応した3つのパワートレインすべてを 500万円台で選択できる唯一のモデルになった」という。

この500万円台の意味について岡田氏は、「BMWの最量販の価格帯がこの 500万円台なのだ。この最量販の価格帯にプラグインハイブリッドモデルを導入し、より多くのユーザーに BMWのプラグインハイブリッドを乗ってもうことで、CO2排出量の低減を図りたい」とコメント。

2シリーズアクティブツアラーも、「戦略的に500万円を切る価格をスタートポイントとして設定した」とし、「コンパクトセグメントにおいて、広々とした室内空間をもつ唯一のプラグインハイブリッドモデルであることから、この価格付けにより、他の輸入車コンパクトセグメントのプラグインハイブリッドモデルに対しても圧倒的な価格優位性を実現している」と自信を見せる。

岡田氏は、「最量販の価格帯に環境エンジンを投入するという価格政策の考え方は、クリーンディーゼルでも同様だ」と述べる。そして、「環境性能の高いモデルを開発し投入しただけでは十分ではなく、そのモデルを最量販帯で販売して初めて導入の意義が実現できると考えている」と話す。

そして、BMWのプラグインハイブリッドモデルの特徴について、「単にゼロエミッション走行が可能で、環境に優しいというだけではない。BMWのブランドスローガンに代表される駆け抜ける喜び。この卓越した運動性能を環境性能と同時に高次元で実現している」と説明した。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. 生産終了のホンダ CR-Z、2リットルターボ搭載で復活か!?

    生産終了のホンダ CR-Z、2リットルターボ搭載で復活か!?

  2. 【パリモーターショー16】三菱、グランドツアラー コンセプト 初公開へ

    【パリモーターショー16】三菱、グランドツアラー コンセプト 初公開へ

  3. 【グッドウッド16】マツダ ロードスター 新型に「アイコン」…赤いアクセント

    【グッドウッド16】マツダ ロードスター 新型に「アイコン」…赤いアクセント

  4. ついに来た「ベイビーパナメーラ」! ポルシェ パジュン の姿

  5. 【グッドウッド16】ポルシェ パナメーラ 次期型、ほぼ擬装なしでヒルクライム

  6. スバル、レヴォーグの最上級グレード STIスポーツ発売…代官山T-SITEで特別展示

  7. BMW 4シリーズグランクーペ に改良新型、最新の“ビーエム顔”に

  8. シトロエン C3 新型、間もなく初公開へ

  9. トヨタ パッソ どれほどカイテキ? 便利機能と安全装備[動画]

  10. トヨタ、C-HR 欧州仕様車のインテリアデザインを公開

アクセスランキングをもっと見る