キャデラック、スーパーセダン CTS-V 発売…コルベット ゆずりの649ps、1330万円から

自動車 ニューモデル 新型車

キャデラック CTS-V
  • キャデラック CTS-V
  • キャデラック CTS-V
  • キャデラック CTS-V
ゼネラルモーターズ・ジャパン(GMジャパン)は、キャデラックのスーパースポーツセダン「Vシリーズ」の新モデル『CTS-V』を発表、1月27日より販売を開始する。

新型CTS-Vは、シボレーのスーパースポーツ『コルベット』の最上位モデル「Z06」に搭載されるエンジンをほぼそのまま移植したスーパーセダンだ。スーパーチャージド6.2リットルV型8気筒OHVエンジンは、最高出力649ps、最大トルク855Nmを発生。気筒休止機構も備え、クルーズ時には4気筒での走行も可能とするなど、エコ性能も高めた。トランスミッションは、ギア間のステップを小さくし、俊敏な変速を可能とした8速オートマチックを採用している。

エクステリアパネルは、ほぼ全てが専用設計。フェイシアからフェンダー、ボンネット、リアスポイラー、ロッカーモールディングに至るまで、一つ一つがクルマの性能向上をサポートし、揚力低減、冷却向上に貢献するようデザインされている。

足回りは、フロントサスに改良されたマルチリンク・ダブルピボット・マクファーソン・ストラットを、リアサスに5リンクマルチリンクを採用。さらに、フロント6ピストン、リア4ピストンのブレンボ製ハイパフォーマンスブレーキシステムなどを備え、高い運動性能を発揮する。

価格はカーボンファイバーエアロパッケージなどを備える「スペックB」が1470万円、ノンカーボンエアロの「スペックA」が1330万円。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. 【トヨタ プリウスPHV 新型】EV走行60kmで犠牲になったもの

    【トヨタ プリウスPHV 新型】EV走行60kmで犠牲になったもの

  2. 【ホンダ NSX 新型】開発責任者クラウス氏「日米開発者の文化の衝突がNSXを作った」

    【ホンダ NSX 新型】開発責任者クラウス氏「日米開発者の文化の衝突がNSXを作った」

  3. 【レヴォーグ STIスポーツ】“一発屋”では終わらない

    【レヴォーグ STIスポーツ】“一発屋”では終わらない

  4. VW ゴルフ 改良新型、画像がリーク

  5. 【ホンダ NSX 新型】生産責任者ズソーザ氏「110人の熟練工を選ぶのは大変だった」

  6. VW ゴルフ GTI クラブスポーツ 第2弾、「ストリート エディション」発売

  7. 【レヴォーグ STIスポーツ】スポーティネスと質感の両方を表現

  8. 【トヨタ プリウスPHV 新型】開発責任者「現行モデルの不満点をすべて直した」

  9. ブガッティ最強1500馬力、2億超えの シロン …受注200台突破

  10. ブガッティの ビジョンGT、ガス欠…ゲームではない[動画]

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら