トクヤマ、未利用副生水素を燃料電池車向けに供給…実証事業でリース契約を締結

自動車 ビジネス 企業動向

三井住友ファイナンス&リース(SMFL)とトクヤマは、水素利用の実証事業での設備についてリース契約を締結した。SMFLと山口県周南市は、水素利用の実証事業での設備について賃貸契約を締結した。

トクヤマは、環境省が進める「2015年度地域連携・低炭素水素技術実証事業」における実証受託の代表事業者となり、自社の苛性ソーダ工場から発生する未利用副生水素を回収し、近隣や周辺地域の純水素型燃料電池や燃料電池自動車に供給する。

SMFLは同事業で、トクヤマ向けに水素貯蔵設備と水素供給設備をリースする。また、SMFLは同実証受託の共同実施者である周南市向けに水素供給設備と純水素型燃料電池をリースする。未利用副生水素を活用する同事業で、水素利用の実証設備のリース方式による導入は日本初のケースとなる。

これまでトクヤマは、苛性ソーダ工場から発生する、水素の特性である高純度副生水素を活かし、液化水素ステーション向け水素を供給してきた。太陽光発電での水素生成や純水素型燃料電池への水素供給といった実証実験にも取り組んでいる。

また、山口県周南地域では、周南コンビナートの立地を背景に、国内最大規模の高純度な副生水素を供給する能力を持つ地域特性を活かし、実証事業の他にも卸売市場での燃料電池フォークリフトの利用実証や、動物園での純水素型燃料電池の利用実証など、水素社会の実現に向けた取り組みを展開してきた。

SMFLは移動式水素ステーション、スマート水素ステーションの水素関連設備にリースによるファイナンスサービスを提供することで、水素関連設備の普及をサポートする。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. ホンダ、アコードPHV の生産を終了…国内累計登録わずか238台

    ホンダ、アコードPHV の生産を終了…国内累計登録わずか238台

  2. 燃費達成率ランキング、データ問題で揺れるスズキの スイフト がトップ…e燃費調べ

    燃費達成率ランキング、データ問題で揺れるスズキの スイフト がトップ…e燃費調べ

  3. 【人とくるまのテクノロジー16】運転支援「次の一手」、開発中の技術を紹介…マツダ

    【人とくるまのテクノロジー16】運転支援「次の一手」、開発中の技術を紹介…マツダ

  4. マツダ、SKYACTIV-Dの燃焼室構造が全国発明表彰 恩賜発明賞を受賞

  5. 小は大を兼ねるか? 軽&コンパクトカーのパッケージング、3つのポイントで検証

  6. 日産ミスフェアレディに新人8名…総勢21名の2016年度新体制発表

  7. 「不便」の声受けて売店施設公募...バスタ新宿

  8. ホビージャパン、新型NSX の高品質1:18スケールモデルを発売

  9. 新型 シビック タイプR がレンタカーに…3時間1万5750円から

  10. 【人とくるまのテクノロジー16】 クラリティ の大小水素タンク2本が丸見え、 MIRAI との違い…ホンダ

アクセスランキングをもっと見る