人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

トクヤマ、未利用副生水素を燃料電池車向けに供給…実証事業でリース契約を締結

自動車 ビジネス 企業動向

三井住友ファイナンス&リース(SMFL)とトクヤマは、水素利用の実証事業での設備についてリース契約を締結した。SMFLと山口県周南市は、水素利用の実証事業での設備について賃貸契約を締結した。

トクヤマは、環境省が進める「2015年度地域連携・低炭素水素技術実証事業」における実証受託の代表事業者となり、自社の苛性ソーダ工場から発生する未利用副生水素を回収し、近隣や周辺地域の純水素型燃料電池や燃料電池自動車に供給する。

SMFLは同事業で、トクヤマ向けに水素貯蔵設備と水素供給設備をリースする。また、SMFLは同実証受託の共同実施者である周南市向けに水素供給設備と純水素型燃料電池をリースする。未利用副生水素を活用する同事業で、水素利用の実証設備のリース方式による導入は日本初のケースとなる。

これまでトクヤマは、苛性ソーダ工場から発生する、水素の特性である高純度副生水素を活かし、液化水素ステーション向け水素を供給してきた。太陽光発電での水素生成や純水素型燃料電池への水素供給といった実証実験にも取り組んでいる。

また、山口県周南地域では、周南コンビナートの立地を背景に、国内最大規模の高純度な副生水素を供給する能力を持つ地域特性を活かし、実証事業の他にも卸売市場での燃料電池フォークリフトの利用実証や、動物園での純水素型燃料電池の利用実証など、水素社会の実現に向けた取り組みを展開してきた。

SMFLは移動式水素ステーション、スマート水素ステーションの水素関連設備にリースによるファイナンスサービスを提供することで、水素関連設備の普及をサポートする。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. マツダ青山執行役員、国内販売大幅減も「正価販売は今後も継続する」

    マツダ青山執行役員、国内販売大幅減も「正価販売は今後も継続する」

  2. スバル富士重、国内外販売好調…総生産台数は8か月連続プラス 6月実績

    スバル富士重、国内外販売好調…総生産台数は8か月連続プラス 6月実績

  3. ホイールアライメントって何? 調整の必要な理由とは

    ホイールアライメントって何? 調整の必要な理由とは

  4. ホンダの総生産台数、13か月連続プラス…7.8%増の42万5305台 6月実績

  5. 日産のグローバル生産台数、過去最高…48万7908台 6月実績

  6. 【リコール】UDトラックス クオン、謎の自動ブレーキ…プログラム不具合だった

  7. マツダ、国内販売が9か月連続マイナス…36.4%減 6月実績

  8. 「フェラーリやってます」輸入車販売のニコル、横浜でモーターショー

  9. マツダ 藤本常務、円高には「会社のリソーセス総動員して対応」

  10. 日産、下げ止まらない国内販売シェア 第1四半期決算

アクセスランキングをもっと見る