【リコール】小型ノンステップバス 日野ポンチョ、スタータリレーと乗降扉に不具合

自動車 ビジネス 企業動向

日野自動車は1月26日、小型ノンステップバス『日野ポンチョ』のスタータリレーと乗降口(扉)に不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは、『日野ポンチョ』1車種で、2006年3月17日~2014年2月20日に製造された計1512台。

スタータリレーについては、接点の構造が不適切なため、始動時にスタータが噛み合わなかった場合に流れる電流により、当該接点が荒れるものがある。そのため、そのまま使用を続けると、当該接点が溶着し、最悪の場合、スタータが焼損するおそれがある。

改善措置として、全車両、当該スタータリレーを対策品に交換する。不具合は4件発生、部分焼損事故が2件起きている。

乗降口(扉)については、3つの不具合を確認。扉の位置を検知するスイッチの回路が不適切なため、当該スイッチがオンになった際、接点に定格値を超える電流が流れ、接点が荒れるものがある。そのため、そのまま使用を続けると、接点どうしが導通したままとなり、最悪の場合、扉が閉められなくなるおそれがある。

改善措置として、全車両、スイッチの回路に抵抗を追加するとともに、スイッチを新品に交換する。不具合は22件発生、事故は起きていない。

乗客の挟み込みを検知するスイッチの接点構造が不適切なため、スイッチの作動頻度が少ない場合、当該接点に生成したシリコン被膜により、導通不良になるものがある。そのため、スイッチが機能せず、最悪の場合、乗客が扉に挟まれるおそれがある。

改善措置として、全車両、当該スイッチを対策品に交換するとともに、当該スイッチの回路にリレーがないものはリレーを追加する。不具合は12件発生、事故は起きていない。

扉開閉用エアシリンダの電磁弁とエア配管の容量が不適切なため、扉の開閉中に反転操作を行った場合、扉が通常より速く動くことがある。

改善措置として、全車両、電磁弁を対策品に交換するとともに、後扉用エアシリンダへのエア配管の容量が不足しているものは配管を追加する。不具合は11件発生、事故は起きていない。

いずれも市場からの情報により発見した。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. ホンダ、アコードPHV の生産を終了…国内累計登録わずか238台

    ホンダ、アコードPHV の生産を終了…国内累計登録わずか238台

  2. 燃費達成率ランキング、データ問題で揺れるスズキの スイフト がトップ…e燃費調べ

    燃費達成率ランキング、データ問題で揺れるスズキの スイフト がトップ…e燃費調べ

  3. ホビージャパン、新型NSX の高品質1:18スケールモデルを発売

    ホビージャパン、新型NSX の高品質1:18スケールモデルを発売

  4. 【人とくるまのテクノロジー16】現行 リーフ の倍、60kWhバッテリーを参考出品…日産

  5. 【人とくるまのテクノロジー16】現行 プリウス の“断面”を真横から見る

  6. 三菱と日産、資本業務提携の本契約を締結

  7. 小は大を兼ねるか? 軽&コンパクトカーのパッケージング、3つのポイントで検証

  8. ルノーの小型SUV、クウィッド も星ゼロ評価…グローバルNCAP

  9. 東京R&D、マレーシア企業と合弁会社設立…アジア地域で自動車開発技術サービスを提供

  10. 自動車の街デトロイト、Uber 普及の原動力は「安心感」

アクセスランキングをもっと見る