人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

【ポラリス スリングショット 動画試乗】スタイルも走りもすべてがスパルタンな3輪スポーツ…佐川健太郎

試乗記 輸入車



クルマともバイクとも異なる不思議な乗り物。それが『SLINGSHOT(スリングショット)』だ。

フロント2輪、リア1輪で走る3輪タイプのスポーツカーを開発したのは米国のポラリス社。そう聞いて、なるほどと思う人は業界通。ATV(全地形対応車両)やスノーモービルなどの他、『ヴィクトリー』や『インディアン』などのモーターサイクルも製造している世界的なレジャービークルメーカーである。

エンジンはGM製スポーツカー、シボレーの直列4気筒2.4リッターDOHCで最高出力173ps/6200rpmを発生。これを鋼管スペースフレームで構成された752kgの軽量ボディに搭載する。1輪のリアまわりは片持ち式スイングアームにベルトドライブ、モノショックを組み合わせたモーターサイクルのような作りが特徴だ。

まるで映画に出てきた“バッドモービル”のようなアグレッシブな面構えに全幅2m近いワイドボディは迫力満点。ドアのないフルバケットシートに乗り込むだけで緊張が走る。試乗はサーキットで行ったが、見た目どおり乗り味もかなりスパルタン。アクセルを踏み込むと、大型スポーツバイクのような瞬発力で加速するし、コーナーでは強烈な横Gとともにクイックに曲がっていく。リア1輪の軽さを生かした鋭いターンインが印象的だ。

3輪なのでムチャをすると横滑りするかと身構えたが、ロー&ワイドな車体に強靭なサスペンションのおかげで少ないロールで路面に貼り付いたように走る。印象的にはフォーミュラカーに近いかもしれない。トランスミッションは5速MT+バックギアで、操作は通常のマニュアルシフトと同じだ。ただ、クラッチが重いこともありオートマに慣れた自分としては操作がやや難しく感じられた。とは言え、ESC(横滑り防止装置)やABS、トラクションコントロールなどが標準装備されているので安心感は高い。

屋根や当然エアコンもなく、スリングショット=投石器(いわゆるパチンコ)のネーミングどおりすべてがスパルタンだが、純粋に走りのエキサイティングを求める向きにはおすすめだろう。なお、上級バージョンの「SLINGSHOT SL」はオーディオやバックカメラ装備。最新情報として、日本では左ハンドルの普通自動車として2016年春にいよいよ発売開始予定(価格未定)となっている。

■5つ星評価
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★★
快適度:★★
2人乗り:★★★
エキサイティング:★★★★★

佐川健太郎|モーターサイクルジャーナリスト
早稲田大学教育学部卒業後、出版・販促コンサルタント会社を経て独立。編集者を経て現在はジャーナリストとして2輪専門誌やWEBメディアで活躍する傍ら、「ライディングアカデミー東京」校長を務めるなど、セーフティライディングの普及にも注力。(株)モト・マニアックス代表。バイク動画ジャーナル『MOTOCOM』編集長。日本交通心理学会員。MFJ公認インストラクター
《佐川健太郎》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

試乗記 アクセスランキング

  1. 【マツダ アクセラ 試乗】とんでもなくいいものでごめんなさい…岩貞るみこ

    【マツダ アクセラ 試乗】とんでもなくいいものでごめんなさい…岩貞るみこ

  2. 【トヨタ プリウスPHV 試乗】ハイブリッドにEVの魅力を積極的に取り入れた…斎藤聡

    【トヨタ プリウスPHV 試乗】ハイブリッドにEVの魅力を積極的に取り入れた…斎藤聡

  3. 【トヨタ プリウスPHV 試乗】今度は目論見通りのクルマに…中村孝仁

    【トヨタ プリウスPHV 試乗】今度は目論見通りのクルマに…中村孝仁

  4. 【トヨタ プリウスPHV 試乗】デザイン、走り、プリウスとは全く別のクルマになった…松下宏

  5. 【メルセデスベンツ Eクラス 試乗】非の打ち所がないとは、こういうことか…岩貞るみこ

  6. 【トヨタ プリウスPHV 試乗】これがプリウスの本命だ…高山正寛

  7. 【トヨタ プリウスPHV 試乗】「普段はEV、長距離レジャーはHV」具現化したミライ型プリウス…諸星陽一

  8. 【MINI クーパーD 試乗】待望の5ドアディーゼルミニ、気に入っちゃいました…中村孝仁

  9. 【プジョー 308 ディーゼル 試乗】やっかいな音も魅力に変えるラテンの粋…岩貞るみこ

  10. 【プジョー308 ディーゼル 試乗】スムーズにしてトルクフル、時代にマッチした1.6ディーゼル…諸星陽一

アクセスランキングをもっと見る