ランボルギーニ、2016年に追加雇用…新型SUVの生産準備

自動車 ビジネス 海外マーケット

ランボルギーニのイタリア本社工場
  • ランボルギーニのイタリア本社工場
  • ランボルギーニ URUS(参考画像)
  • ランボルギーニ URUS(参考画像)
イタリアの高級スポーツカーメーカー、ランボルギーニは1月26日、新型SUVの生産計画に関連して、2016年に追加雇用を行うと発表した。

ランボルギーニは2015年5月、新型SUVの市販計画を公表。ランボルギーニの新型SUVは、『アヴェンタドール』、『ウラカン』に続く同社の第3のモデルレンジ。2018年の市場投入を予定している。

また、この新型SUVは、既存のランボルギーニの顧客で、他ブランドのSUVを所有しているオーナーからの代替需要だけでなく、新規顧客の獲得も目指す。

ランボルギーニはこの計画に関連して、2015年に150名を新規雇用。今回、2016年に追加雇用を行うことを明らかにした。まずは1月から、製造ライン従事の30名を採用。その後、品質確認、研究開発、購買などの人材を雇用していく。

ランボルギーニのステファン・ヴィンケルマン社長兼CEOは、「2018年、ランボルギーニに持続的な成長をもたらす第3のモデルを発売し、大変革に備える」と述べている。
《森脇稔》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品