BMW「i」の世界販売、66%増の3万台… i3 は5割増 2015年

エコカー EV

BMW i3
  • BMW i3
  • BMW i8
  • BMW i3
  • BMW i8
  • BMW i3
  • BMW i8
BMWグループが電動化技術に特化して立ち上げた新ブランド、「i」。同ブランドの市販車、『i3』と『i8』に関して、2015年の世界販売の結果がまとまった。

i3は、「i」ブランドの最初の市販車で、ハッチバック型のEV。モーターは、最大出力170ps、最大トルク25.5kgmを引き出す。モーターはリアアクスルに搭載し、後輪を駆動。

動力性能は、0-60km/h加速が3.7秒、0-100km/h加速が7.2秒。最高速はリミッターにより、150km/hに制限される。二次電池は、蓄電容量22kWhのリチウムイオンバッテリー。1回の充電で、最大160kmを走行可能。充電は約8時間で、急速チャージャーを使えば80%の容量を約30分で充電できる。プラグインハイブリッド(PHV)仕様の「レンジエクステンダー」も設定。

i8は、「i」ブランドの第2弾のプラグインハイブリッド(PHV)スポーツカー。PHVシステムは、前輪をモーター、後輪をエンジンで駆動。リアにレイアウトされるエンジンは、1.5リットル直列3気筒ガソリンターボ。最大出力231ps、最大トルク32.6kgmを発生する。

フロントに置かれるモーターは、最大出力131ps、最大トルク25.5kgm。モーターとエンジンを合わせたトータルでは、最大出力362ps、最大トルク58.1kgm。このおかげで、0-100km/h加速は4.4秒、最高速は250km/h(リミッター作動)のパフォーマンスを達成する。

二次電池は、畜電容量5kWhリチウムイオンバッテリーで、モーター単独で最大37km、最高速120km/hでEV走行できる。このEVモードの効果もあって、欧州複合モード燃費47.6km/リットル、CO2排出量49g/kmという優れた環境性能を実現している。

今回、BMWグループは2015年の「i」ブランドの世界販売の結果を公表。2015年は、2万9513台を販売。前年実績に対して、65.9%増と大きく伸びた。

その内訳は、全体のおよそ8割を占めるi3が2万4057台を売り上げ、前年比は49.9%増。i8は5456台で、前年実績の3倍以上の伸びを記録している。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

エコカー アクセスランキング

  1. マイナス30度で駆動する全固体リチウムイオン電池---オハラが試作に成功

    マイナス30度で駆動する全固体リチウムイオン電池---オハラが試作に成功

  2. メルセデス SクラスのPHV、EVモードが1.5倍に…2017年

    メルセデス SクラスのPHV、EVモードが1.5倍に…2017年

  3. 【ボルボ D4 e燃費チャレンジ】高速巡航から山岳路まで250km走破、最高燃費は20.8km/リットル

    【ボルボ D4 e燃費チャレンジ】高速巡航から山岳路まで250km走破、最高燃費は20.8km/リットル

  4. 輸入車×ディーゼルの実燃費ランキング、ボルボ V40 D4がトップ…e燃費調べ

  5. 意外と知らない? 国産高級車 レクサス の実燃費

  6. 日産 ムラーノ 新型にハイブリッド、米国市場で発売

  7. ルノー・日産、EVの世界累計販売台数25万台…4年半で達成

  8. 三菱リコール問題を一気読み

  9. ポルシェ、新型スポーツカーでEV市場に参入

  10. トヨタ、ハイブリッド車の世界累計販売台数が900万台突破…800万台到達から9か月

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら