【BMW 330e】3シリーズ すべてのパワートレインが500万円台で選択可能に

自動車 ニューモデル 新型車

BMW 330e
  • BMW 330e
  • BMW 330e
  • BMW 330e
  • BMW 330e
  • ビー・エム・ダブリュー 岡田裕治 プロダクト・マーケティング マネジャー
  • BMW 330e
  • BMW 330e
  • BMW 330e
ビー・エム・ダブリューは1月26日、中核モデルである3シリーズのプラグインハイブリッドモデル(PHEV)『330e』の受注を開始した。価格は554万~599万円で、納車は3月からを予定している。

ビー・エム・ダブリューの岡田裕治プロダクト・マーケティングマネジャーは同日都内で開いた発表会で「554万円からの戦略的価格設定とした。これによりBMW3シリーズは3つの環境に対応したパワートレインすべてのラインアップを500万円台で選択できる唯一のモデルになった」と強調した。

さらに「BMWにとっての最量販の価格帯が500万円台。最量販の価格帯にPHEVモデルを導入する意味は、BMWグループの経営方針である持続可能なモビリティ、これを実現するための非常に重要なひとつの法則と考えている」と説明。

その上で「私達としては環境性能の高いモデルを投入した、開発した、それだけでは十分ではなく、そのモデルを最量販価格帯で販売して初めて、その導入の意義が実現できると考えている」と述べた。

330eは2リットル直列4気筒ツインパワー・ターボエンジンと8速オートマチックトランスミッションに組み込まれた高出力モーターとの組み合わせにより、最高出力252馬力、最大トルク420Nmを発揮。また電気モーターだけで36.8kmの走行が可能という。
《小松哲也》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品