フォード Fシリーズ 新型の「スーパーデューティ」、米国オハイオ工場でも生産へ

自動車 ビジネス 海外マーケット

新型フォード F-シリーズのスーパーデューティ・シャシーキャブ
  • 新型フォード F-シリーズのスーパーデューティ・シャシーキャブ
  • 新型フォード F-シリーズのスーパーデューティ・シャシーキャブ
  • 新型フォード F-シリーズのスーパーデューティ・シャシーキャブ
米国の自動車大手、フォードモーターは1月25日、米国オハイオ工場において、新型『Fシリーズ』の「スーパーデューティ・シャシーキャブ」を生産すると発表した。

長年、米国のベストセラー車が、フォードFシリーズ。スーパーデューティ・シャシーキャブは、その大型モデルで、『F-350』、『F-450』、『F-550』を設定。2017年モデルとして、モデルチェンジを受ける。

これまで、スーパーデューティ・シャシーキャブは、米国のケンタッキー工場で生産されていた。新型は、ケンタッキー工場だけでなく、オハイオ工場でも組み立てられる。

スーパーデューティ・シャシーキャブは、企業や個人事業者向けの車両。新型は最もタフで、スマート、走行性能の高いモデルを目指して開発された。

フォードノースアメリカのディレクター、ケビン・コスウィック氏は、「新型スーパーデューティ・シャシーキャブが、顧客の事業をより良くサポートするだろう」と語っている。
《森脇稔》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品