トヨタの欧州HV販売、17%増の20.9万台…5年連続で増加 2015年

エコカー ハイブリッド

新型 オーリス ハイブリッド
  • 新型 オーリス ハイブリッド
  • トヨタ ヤリスハイブリッドの大幅改良車
  • レクサスNX(欧州仕様)
  • レクサス CT200hの大幅改良モデル
  • 新型レクサス IS のハイブリッド、IS 300h(欧州仕様)
トヨタ自動車の欧州法人、トヨタモーターヨーロッパは1月14日、2015年の欧州市場におけるハイブリッド車の販売結果を公表した。総販売台数は、過去最高の20万9000台。前年比は17%増と、5年連続で増加した。

ブランド別では、トヨタが前年比15.5%増の16万8000台。レクサスは4万1000台で、前年比は24%増と大きく伸びる。

トヨタブランドでは、主力車種、『オーリス』のハイブリッドが、7万8500台。前年実績に対して、12%増と好調だった。日本にはないオーリスのワゴン、『オーリス・ツーリングスポーツ』のハイブリッドも支持を集める。

また、日本仕様には用意されない『ヤリス』(日本名:『ヴィッツ』)のハイブリッドが、7万2252台で続いた。前年比は23.4%の伸びを示す。

レクサスブランドのハイブリッドでは、『NX』のハイブリッド、『NX300h』が1万7278台で最多。『CT200h』が1万0235台で続き、前年比は1%減とマイナスに転じた。『IS』のハイブリッド、『IS300h』が7745台で、前年比は15%減と落ち込む。
《森脇稔》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品