ホンダと積水ハウスなど、水素エネルギー実証拠点整備プロジェクトを鳥取県で推進

自動車 ビジネス 国内マーケット

拠点整備イメージ図
  • 拠点整備イメージ図
  • 鳥取県の目指す「水素の暮らし」
ホンダおよび鳥取県、鳥取ガス、積水ハウスの4者は1月25日、鳥取県の「水素エネルギー実証(環境教育)拠点整備プロジェクト」を推進する協定を締結したと発表した。

水素エネルギー実証拠点整備プロジェクトでは、鳥取ガスグループの敷地(鳥取市五反田町)内に「スマート水素ステーション(SHS)」と太陽光パネルを設置し、太陽光で発電した電力から水素を作り、燃料電池自動車(FCV)に供給。敷地内の積水ハウスの展示場をスマートハウス化して、燃料電池やFCVから住宅へ電力供給を行うなど、環境に優しく、快適でスマートな暮らしを支える仕組みを紹介する。

なお、再生可能エネルギーを活用した水素ステーションと住宅、FCVを一体整備する水素エネルギーの活用は全国初。SHSは日本海側では初の整備となる。

このほか敷地内では、水の電気分解により水素を作るなどの実演を行い、子どもから大人まで学べる環境教育拠点を設け、水素エネルギー活用の理解促進に努めていく。
《纐纈敏也@DAYS》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品