ホンダと積水ハウスなど、水素エネルギー実証拠点整備プロジェクトを鳥取県で推進

自動車 ビジネス 国内マーケット

拠点整備イメージ図
  • 拠点整備イメージ図
  • 鳥取県の目指す「水素の暮らし」
ホンダおよび鳥取県、鳥取ガス、積水ハウスの4者は1月25日、鳥取県の「水素エネルギー実証(環境教育)拠点整備プロジェクト」を推進する協定を締結したと発表した。

水素エネルギー実証拠点整備プロジェクトでは、鳥取ガスグループの敷地(鳥取市五反田町)内に「スマート水素ステーション(SHS)」と太陽光パネルを設置し、太陽光で発電した電力から水素を作り、燃料電池自動車(FCV)に供給。敷地内の積水ハウスの展示場をスマートハウス化して、燃料電池やFCVから住宅へ電力供給を行うなど、環境に優しく、快適でスマートな暮らしを支える仕組みを紹介する。

なお、再生可能エネルギーを活用した水素ステーションと住宅、FCVを一体整備する水素エネルギーの活用は全国初。SHSは日本海側では初の整備となる。

このほか敷地内では、水の電気分解により水素を作るなどの実演を行い、子どもから大人まで学べる環境教育拠点を設け、水素エネルギー活用の理解促進に努めていく。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 【池原照雄の単眼複眼】2代目はグローバルで100万台目指す…プリウスPHV 開発者の密かな決意

    【池原照雄の単眼複眼】2代目はグローバルで100万台目指す…プリウスPHV 開発者の密かな決意

  2. ポルシェ パナメーラ 初代、生産終了…7年の歴史に幕

    ポルシェ パナメーラ 初代、生産終了…7年の歴史に幕

  3. JXホールディングスと東燃ゼネラルが経営統合へ「JXTGホールディングス」

    JXホールディングスと東燃ゼネラルが経営統合へ「JXTGホールディングス」

  4. 三菱自動車、国内販売4か月連続2ケタ減…eK販売再開も登録車が半減 7月実績

  5. 4トン6輪車が浮いた! カーシェアのエニカが G63 AMG 6×6 の試乗会を開催

  6. 30年間使用された免震ゴム、性能を維持---ブリヂストンが確認

  7. メルセデスの世界販売、BMWとアウディを抑える 7月

  8. 国産名車コレクション スペシャルスケール1/24、先行予約開始…創刊号はトヨタ2000GT

  9. スズキ、登録車好調も軽自動車販売は19か月連続のマイナス 7月実績

  10. 日産の発信拠点、銀座にオープンへ…NISSAN CROSSING

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら