メルセデス・ベンツ日本、SUVなど新型10車種超投入で4年連続の過去最高めざす | レスポンス(Response.jp)

メルセデス・ベンツ日本、SUVなど新型10車種超投入で4年連続の過去最高めざす

自動車 ニューモデル 新型車

メルセデス・ベンツ日本 上野金太郎 社長
  • メルセデス・ベンツ日本 上野金太郎 社長
  • メルセデス・ベンツ日本 年頭記者懇談会
  • メルセデス・ベンツ日本 年頭記者懇談会
  • メルセデス・ベンツ日本 年頭記者懇談会
  • メルセデスベンツ GLC
  • メルセデスベンツ GLE クーペ
メルセデス・ベンツ日本の上野金太郎社長は1月25日、都内で会見しSUVモデルの拡充などにより2016年の販売でも過去最高の更新を目指す方針を明らかにした。

上野社長は「本年は前年を超える10車種以上の新型の投入を予定している。昨年は『エンジン革命』だったが、本年は『SUVイヤー』をテーマに魅力的なSUVモデルを続々と市場に投入し、日本のお客様の選択肢をさらに拡大する」と述べた。

具体的には「来月9日にプレミアムミドルサイズSUV『GLC』を発表する。さらに東京モーターショーに出展して『GLE クーペ』など新型車を多く発表する」と説明。

その上で「2015年はブランド内構成比でSUVは全体の16%だったが、本年の拡充により2割程度まで高める予定」と語った。

SUV以外のモデルについては「基幹モデルである『Eクラス』もモデルチェンジを控えているほか、数々の2ドアモデルも発表したい。さらにハイパフォーマンスモデルであるメルセデスAMGは、新しいコンセプト、AMGスポーツモデルを昨年、第1弾として導入した『C450 AMG 4マチック』に引き続き、今年も複数の車種に拡大していく」という。

これら新型車の投入などにより「2016年は6万台超えという高いレベルの数字を維持しながらも、さらに年間トータルで15年の数字を超えるというのが目標」との方針を示した。

メルセデス・ベンツ日本の15年の販売実績は前年比7.1%増の6万5159台で、3年連続して過去最高を更新した。
《小松哲也》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品