メルセデス・ベンツ日本、SUVなど新型10車種超投入で4年連続の過去最高めざす

自動車 ニューモデル 新型車

メルセデス・ベンツ日本 上野金太郎 社長
  • メルセデス・ベンツ日本 上野金太郎 社長
  • メルセデス・ベンツ日本 年頭記者懇談会
  • メルセデス・ベンツ日本 年頭記者懇談会
  • メルセデス・ベンツ日本 年頭記者懇談会
  • メルセデスベンツ GLC
  • メルセデスベンツ GLE クーペ
メルセデス・ベンツ日本の上野金太郎社長は1月25日、都内で会見しSUVモデルの拡充などにより2016年の販売でも過去最高の更新を目指す方針を明らかにした。

上野社長は「本年は前年を超える10車種以上の新型の投入を予定している。昨年は『エンジン革命』だったが、本年は『SUVイヤー』をテーマに魅力的なSUVモデルを続々と市場に投入し、日本のお客様の選択肢をさらに拡大する」と述べた。

具体的には「来月9日にプレミアムミドルサイズSUV『GLC』を発表する。さらに東京モーターショーに出展して『GLE クーペ』など新型車を多く発表する」と説明。

その上で「2015年はブランド内構成比でSUVは全体の16%だったが、本年の拡充により2割程度まで高める予定」と語った。

SUV以外のモデルについては「基幹モデルである『Eクラス』もモデルチェンジを控えているほか、数々の2ドアモデルも発表したい。さらにハイパフォーマンスモデルであるメルセデスAMGは、新しいコンセプト、AMGスポーツモデルを昨年、第1弾として導入した『C450 AMG 4マチック』に引き続き、今年も複数の車種に拡大していく」という。

これら新型車の投入などにより「2016年は6万台超えという高いレベルの数字を維持しながらも、さらに年間トータルで15年の数字を超えるというのが目標」との方針を示した。

メルセデス・ベンツ日本の15年の販売実績は前年比7.1%増の6万5159台で、3年連続して過去最高を更新した。
《小松哲也》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. 【トヨタ プリウスPHV 新型】大型部品のバックドアに炭素繊維強化樹脂を採用

    【トヨタ プリウスPHV 新型】大型部品のバックドアに炭素繊維強化樹脂を採用

  2. 【ホンダ NSX 新型】日本車最高値の2370万円、ポルシェ 911ターボ も超えた

    【ホンダ NSX 新型】日本車最高値の2370万円、ポルシェ 911ターボ も超えた

  3. 【トヨタ プリウスPHV 新型】世界初の駆動用ソーラー充電搭載…1日最大6.1km走行分を発電

    【トヨタ プリウスPHV 新型】世界初の駆動用ソーラー充電搭載…1日最大6.1km走行分を発電

  4. VWの新型SUV、車名は「トラモント」か…中国メディアがスクープ

  5. 【トヨタ プリウスPHV 新型】航続60km以上、最高速135km/hに…豊島チーフエンジニア「EVの走りをはっきりと」

  6. 【ホンダ NSX 新型】展示は販売店以外で…羽田空港、表参道ヒルズはじめ、名古屋、大阪でイベント

  7. 【ホンダ NSX 新型】八郷社長「車がただの道具になってもらっては困る」

  8. 【ホンダ NSX 新型】開発責任者クラウス氏「競合車はない。これははっきりしている」

  9. フォルクスワーゲン CC 後継車、画像がリーク…4ドアクーペ健在

  10. ランドローバー ディスカバリースポーツ、2017年モデルの受注開始

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら