メルセデス・ベンツ日本、SUVなど新型10車種超投入で4年連続の過去最高めざす

自動車 ニューモデル 新型車

メルセデス・ベンツ日本 上野金太郎 社長
  • メルセデス・ベンツ日本 上野金太郎 社長
  • メルセデス・ベンツ日本 年頭記者懇談会
  • メルセデス・ベンツ日本 年頭記者懇談会
  • メルセデス・ベンツ日本 年頭記者懇談会
  • メルセデスベンツ GLC
  • メルセデスベンツ GLE クーペ
メルセデス・ベンツ日本の上野金太郎社長は1月25日、都内で会見しSUVモデルの拡充などにより2016年の販売でも過去最高の更新を目指す方針を明らかにした。

上野社長は「本年は前年を超える10車種以上の新型の投入を予定している。昨年は『エンジン革命』だったが、本年は『SUVイヤー』をテーマに魅力的なSUVモデルを続々と市場に投入し、日本のお客様の選択肢をさらに拡大する」と述べた。

具体的には「来月9日にプレミアムミドルサイズSUV『GLC』を発表する。さらに東京モーターショーに出展して『GLE クーペ』など新型車を多く発表する」と説明。

その上で「2015年はブランド内構成比でSUVは全体の16%だったが、本年の拡充により2割程度まで高める予定」と語った。

SUV以外のモデルについては「基幹モデルである『Eクラス』もモデルチェンジを控えているほか、数々の2ドアモデルも発表したい。さらにハイパフォーマンスモデルであるメルセデスAMGは、新しいコンセプト、AMGスポーツモデルを昨年、第1弾として導入した『C450 AMG 4マチック』に引き続き、今年も複数の車種に拡大していく」という。

これら新型車の投入などにより「2016年は6万台超えという高いレベルの数字を維持しながらも、さらに年間トータルで15年の数字を超えるというのが目標」との方針を示した。

メルセデス・ベンツ日本の15年の販売実績は前年比7.1%増の6万5159台で、3年連続して過去最高を更新した。
《小松哲也》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. 【ホンダ アコード ハイブリッド】シフトがノブからボタン操作に変わった理由とは

    【ホンダ アコード ハイブリッド】シフトがノブからボタン操作に変わった理由とは

  2. 【グッドウッド16】マツダ ロードスター「スパイダー」欧州初公開へ

    【グッドウッド16】マツダ ロードスター「スパイダー」欧州初公開へ

  3. スバル BRZ、初の大幅改良…米国で先行公開

    スバル BRZ、初の大幅改良…米国で先行公開

  4. スバル レヴォーグ、最上級グレード STIスポーツ の先行予約を開始

  5. ホンダ S660 無限 RA…カスタマイズベースとして楽しめるコンプリートカー[写真蔵]

  6. トヨタ TRD プリウス、エコだけじゃないその走り[写真蔵]

  7. 【グッドウッド16】マツダ ロードスター 新型にスピードスターコンセプト、欧州初公開へ

  8. マセラティ クアトロポルテ 改良新型に偶然遭遇!?

  9. BMW 5シリーズ 次世代型、新LEDエンジェルアイ光った!

  10. BMW M6クーペ、最高出力600psの100周年記念モデル…2321万円

アクセスランキングをもっと見る