宇都宮ライトレールなど、実施計画を申請…2019年12月開業目指す

鉄道 企業動向

宇都宮ライトレールなどは2019年12月の開業を目指し軌道運送高度化事業の実施計画を申請した。写真はLRTが乗り入れる予定の宇都宮駅東口。
  • 宇都宮ライトレールなどは2019年12月の開業を目指し軌道運送高度化事業の実施計画を申請した。写真はLRTが乗り入れる予定の宇都宮駅東口。
  • 宇都宮ライトレールなどは2019年12月の開業を目指し軌道運送高度化事業の実施計画を申請した。写真はLRTが乗り入れる予定の宇都宮駅東口。
  • 宇都宮ライトレールの路線図。宇都宮ライトレールなどが今回申請したのは優先整備区間で、2019年12月に開業する予定だ。
栃木県の宇都宮市と芳賀町を結ぶ軽量軌道交通(LRT)の計画について、宇都宮ライトレール・宇都宮市・芳賀町の3者は1月22日、地方公共交通の活性化及び再生に関する法律(活性化法)に基づき軌道運送高度化事業の実施計画認定を申請した。

3者が今回申請したのは、宇都宮市宮みらい(宇都宮駅東口)~芳賀町下高根沢間14.6kmを結ぶ軌道の整備・運営で、事業費は458億円。宇都宮市と芳賀町が軌道を整備し、宇都宮ライトレールは両市町から施設を借り入れて電車を運行する。

宇都宮ライトレールは2015年11月に設立された第三セクター。宇都宮市が約41%、とちぎライトレール支援持株会が約23%、芳賀町と関東自動車がそれぞれ約10%を出資している。このほか、東武鉄道や東野交通も株主に名を連ねている。

実施計画が認定された場合、軌道法に基づく軌道事業の特許を受けたものとみなされる。開業は2019年12月の予定だ。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

鉄道 アクセスランキング

  1. JR東日本、415系ステンレス車の引退記念列車を運転…6月25日

    JR東日本、415系ステンレス車の引退記念列車を運転…6月25日

  2. 阿武隈急行の旧国鉄電車、5月28日にラストラン

    阿武隈急行の旧国鉄電車、5月28日にラストラン

  3. とうきょうスカイツリー駅の発メロが“あのキャラ”の歌に…開業4周年[フォトレポート]

    とうきょうスカイツリー駅の発メロが“あのキャラ”の歌に…開業4周年[フォトレポート]

  4. 阪神電鉄、5700系で初のブルーリボン受賞…ローレル賞は仙東HB-E210系など

  5. 西武鉄道、新宿線中井駅の改札を地下に移動…バリアフリー化で国の基準を達成

  6. JR東日本、五能線『リゾートしらかみ』新型車両の試乗会を開催…7月9日

  7. JR東日本、鶴見駅の京浜東北線ホームにもホームドア設置へ…6月以降に着手

  8. JR西日本、大阪環状線寺田町駅の旧駅名標を現地で保存…右横書きの跡残る

  9. エヴァ新幹線、7月から再び運行へ…山陽新幹線「500 TYPE EVA」

  10. JR西日本、225系「アップデート」車両を公開…阪和線などに投入

アクセスランキングをもっと見る