【新聞ウォッチ】追いつめられたタカタ、エアバッグでライバルのダイセルと提携検討

モータースポーツ/エンタメ 出版物

タカタのエアバッグリコール対象となっているホンダ アコード(資料画像)
  • タカタのエアバッグリコール対象となっているホンダ アコード(資料画像)
  • タカタ(WEBサイト)
気になるニュース・気になる内幕---今日の朝刊(朝日、読売、毎日、産経、東京、日経の各紙・東京本社発行最終版)から注目の自動車関連記事をピックアップし、その内幕を分析するマスコミパトロール。

2016年1月25日付

●西日本記録的寒さ、奄美115年ぶり降雪(読売・1面)

●最前線、二酸化炭素ゼロの強み、日産マーケティング・ダイレクター井上幸彦さん(毎日・8面)

●こちら特報部、訪日客「2000万人」時代のひずみ、おもてなし追いつかず(東京・25面)

●本社世論調査、内閣支持横ばい47%アベノミクス「評価」37%(日経・1面)



ひとくちコメント

米国でタカタ製の欠陥エアバッグによる9人目の死者が発表されるなど、改めてタカタへの不信感が強まっているが、そのタカタが、エアバッグ事業ではライバルのダイセルと提携を検討しているという。

週末の1月23日付の日経朝刊が報じたほか、産経など各紙も24日朝刊で取り上げた。それによると、大規模リコール(回収・無償修理)の要因となっているガス発生装置についてダイセルから技術協力を仰ぎ、共同生産を行うことなどが浮上しているという。

また、タカタ製エアバッグによるリコールは世界で5000万台規模にも膨れ上がっている。巨額の損害賠償請求やリコール費用負担で一段と経営が悪化する恐れがあるため、単独での信頼回復は難しいと判断。株主のホンダなど完成車メーカーにも近く支援を要請するという。

ただ、完成車メーカーの中には、これまでのリコール対応の曖昧さなどでタカタの同族経営に不振を抱いている会社もある。仮に支援に乗り出すにしても「カネも出すが口も出す」として現経営トップの退陣など経営責任を明確化することを求める可能性もあり、一筋縄ではいかないだろう。
《福田俊之》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

モータースポーツ/エンタメ アクセスランキング

  1. スバル 360、「てんとう虫」が機械遺産に認定

    スバル 360、「てんとう虫」が機械遺産に認定

  2. 隅田川花火大会、首都高速が一部通行止め 7月30日

    隅田川花火大会、首都高速が一部通行止め 7月30日

  3. 【鈴鹿8耐】ポル・エスパルガロ「8耐での勝利は僕にパワーをくれた、だから今年も勝ちたい」

    【鈴鹿8耐】ポル・エスパルガロ「8耐での勝利は僕にパワーをくれた、だから今年も勝ちたい」

  4. 怪物780馬力、ヒルクライム最速のスバル インプレッサ[動画]

  5. 【新聞ウォッチ】「ポケモンGO」止まない運転中の衝突事故、道交法違反…任天堂株はストップ安

  6. 【夏休み】未来のエンジニアを育成する---29のプログラム

  7. フェラーリ 1/24モデル×全60号…デアゴスティーニから

  8. 【新聞ウォッチ】三菱自、特別委による燃費不正調査結果を8月2日に公表へ

  9. 【グッドウッド16】780馬力 インプレッサ がヒルクライム最速、マクラーレンP1 超えた

  10. 高校生がSUPER GTメカニック体験…黒田雄紀くん「真剣勝負の空気」

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら