米国新車販売、フォード Fシリーズ が34年連続で首位…2015年

自動車 ビジネス 海外マーケット

新型フォード F-150
  • 新型フォード F-150
  • 新型シボレー シルバラード
  • ラム1500
  • トヨタ カムリ(米国仕様)
  • トヨタ カローラ(米国仕様)
  • ホンダ アコード(米国仕様)
  • ホンダ CR-V の2015年モデル
  • ホンダ シビック セダン 新型
2015年の新車販売が、前年比5.7%増の1747万0499台となり、6年連続で前年実績を上回った米国。車名別の上位10モデルが明らかになり、フォードモーターのフォード『Fシリーズ』が、34年連続で首位となった。

このランキングは、各社の発表したデータを元に作成したもの。米国では乗用車とライトトラック(ピックアップトラック/SUV/ミニバン)という2つのカテゴリーがあるが、その両カテゴリーを合わせて、ベスト10を集計した。

2015年の米国新車販売の上位10車は以下の通り。()内は対前年比

1:フォードFシリーズ 78万0354台(3.5%増)
2:シボレー・シルバラード60万0544台(24.7%増)
3:ラム・ピックアップ 45万1116台(2.6%増)
4:トヨタ・カムリ 42万9355台(0.2%増)
5:トヨタ・カローラ 36万3332台(7%増)
6:ホンダ・アコード 35万5557台(8.4%減)
7:ホンダCR-V 34 万5647台(3.2%増)
8:ホンダ・シビック 33万5384台(3%増)
9:日産アルティマ 33万3398台(7%減)
10:トヨタRAV4 31 万5412台(17.8%増)

フォードモーターの大型ピックアップトラック、フォードFシリーズが34年連続で第1位。ピックアップトラック部門では、39年連続でナンバーワンという強さを発揮した。同車は「F-150」「F-250」「F-350」など多彩なバリエーションを誇るだけに、ナンバーワンは当然の結果ともいえる。それでも、2位のGMのシボレー『シルバラード』に、およそ18万台の差をつけての首位は、まさに貫禄。

乗用車で最も販売台数が多かったのは、4位のトヨタ『カムリ』で、順位は2014年と同じ。前年比は2014年の4.9%増から、2015年は0.2%増と鈍化した。

一方、カムリと並ぶホンダのベストセラー乗用車、『アコード』は2014年の5位から、2015年はトヨタ『カローラ』に抜かれて6位に後退。前年比は2014年の5.9%増から、2015年は8.4%減とマイナスに転じた。

また、米国市場でのSUV販売好調を受けて、2014年8位のホンダ『CR-V』が、2015年は7位に浮上。同様に、2014年10位のフォードの中型セダン、『フュージョン』に代わって、2015年はトヨタ『RAV4』がベスト10内に入っている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. スズキ鈴木俊宏社長「壁をぶち破る」、チームスズキで閉鎖体質を変えられるか

    スズキ鈴木俊宏社長「壁をぶち破る」、チームスズキで閉鎖体質を変えられるか

  2. 【訃報】日産 塙義一前社長が死去…ルノーとの資本提携を決断

    【訃報】日産 塙義一前社長が死去…ルノーとの資本提携を決断

  3. スズキ鈴木修会長がCEO辞退、本田副社長退任...燃費不正の引責

    スズキ鈴木修会長がCEO辞退、本田副社長退任...燃費不正の引責

  4. 撤退が決定したフォードディーラーの今…フォード神奈川港北ニュータウン店を訪ねる

  5. 【訃報】稲川スズキ元会長が死去

  6. 恋人に会うために使えるタクシー料金、あなたはいくら?…ゼンリンデータコム調査結果

  7. 富士重、「SUBARU」への社名変更を株主総会で決議

  8. 日産、韓国環境省を提訴…行政処分取り消し求める

  9. 【川崎大輔の流通大陸】「メイドインジャパンは必要ない」タイで生きる日系ブランド

  10. タカタ製エアバッグが異常破裂か、ホンダ車で新たな死者…マレーシア

アクセスランキングをもっと見る