米国新車販売、フォード Fシリーズ が34年連続で首位…2015年

自動車 ビジネス 海外マーケット

新型フォード F-150
  • 新型フォード F-150
  • 新型シボレー シルバラード
  • ラム1500
  • トヨタ カムリ(米国仕様)
  • トヨタ カローラ(米国仕様)
  • ホンダ アコード(米国仕様)
  • ホンダ CR-V の2015年モデル
  • ホンダ シビック セダン 新型
2015年の新車販売が、前年比5.7%増の1747万0499台となり、6年連続で前年実績を上回った米国。車名別の上位10モデルが明らかになり、フォードモーターのフォード『Fシリーズ』が、34年連続で首位となった。

このランキングは、各社の発表したデータを元に作成したもの。米国では乗用車とライトトラック(ピックアップトラック/SUV/ミニバン)という2つのカテゴリーがあるが、その両カテゴリーを合わせて、ベスト10を集計した。

2015年の米国新車販売の上位10車は以下の通り。()内は対前年比

1:フォードFシリーズ 78万0354台(3.5%増)
2:シボレー・シルバラード60万0544台(24.7%増)
3:ラム・ピックアップ 45万1116台(2.6%増)
4:トヨタ・カムリ 42万9355台(0.2%増)
5:トヨタ・カローラ 36万3332台(7%増)
6:ホンダ・アコード 35万5557台(8.4%減)
7:ホンダCR-V 34 万5647台(3.2%増)
8:ホンダ・シビック 33万5384台(3%増)
9:日産アルティマ 33万3398台(7%減)
10:トヨタRAV4 31 万5412台(17.8%増)

フォードモーターの大型ピックアップトラック、フォードFシリーズが34年連続で第1位。ピックアップトラック部門では、39年連続でナンバーワンという強さを発揮した。同車は「F-150」「F-250」「F-350」など多彩なバリエーションを誇るだけに、ナンバーワンは当然の結果ともいえる。それでも、2位のGMのシボレー『シルバラード』に、およそ18万台の差をつけての首位は、まさに貫禄。

乗用車で最も販売台数が多かったのは、4位のトヨタ『カムリ』で、順位は2014年と同じ。前年比は2014年の4.9%増から、2015年は0.2%増と鈍化した。

一方、カムリと並ぶホンダのベストセラー乗用車、『アコード』は2014年の5位から、2015年はトヨタ『カローラ』に抜かれて6位に後退。前年比は2014年の5.9%増から、2015年は8.4%減とマイナスに転じた。

また、米国市場でのSUV販売好調を受けて、2014年8位のホンダ『CR-V』が、2015年は7位に浮上。同様に、2014年10位のフォードの中型セダン、『フュージョン』に代わって、2015年はトヨタ『RAV4』がベスト10内に入っている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. メルセデス SLK、米国でリコール…ヘッドライトに不具合

    メルセデス SLK、米国でリコール…ヘッドライトに不具合

  2. いすゞ自動車、GMとの次世代ピックアップトラックの共同開発を中止…単独で開発へ

    いすゞ自動車、GMとの次世代ピックアップトラックの共同開発を中止…単独で開発へ

  3. バス乗車券の予約から乗車券提示までスマホアプリで---「BUS PAY」提供開始

    バス乗車券の予約から乗車券提示までスマホアプリで---「BUS PAY」提供開始

  4. 三菱 ランエボ など、米国でリコール…サス部品脱落のおそれ

  5. シャープ、交通監視用カメラ向け4/3型CCDを開発…業界トップクラスの感度実現

  6. GM、タカタ製エアバッグで追加リコールの可能性…最大430万台

  7. ホンダ欧州販売…33.5%増の8.8万台、ヴェゼル が牽引 上半期

  8. マクラーレン、2016年販売は倍増の見通し…スポーツシリーズ効果

  9. テスラ、カーシェアリングに進出へ…自動運転との連携も視野に

  10. MINI福岡西/MINI NEXT福岡西、移転リニューアル 7月30日

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら