「ストレスない車」を開発経験者が解説…走行性能の高いシャシーの開発

モータースポーツ/エンタメ 出版物

走行性能の高いシャシーの開発
  • 走行性能の高いシャシーの開発
走行性能の高いシャシーの開発 実務経験に基づいた高性能で安全なクルマづくり 
著:堀重之
発行:グランプリ出版
価格:定価2160円

本誌では、図版などを多用し初学者にもわかりやすく、優れた走行性能をもつ車の開発について紹介。国内の自動車メーカーで一貫して走行性能の開発を行ってきた著者が、ドライバーがストレス無く運転できる車というものを、シャシーやボディ強度の及ぼす影響などの様々な観点から徹底的に解説する。

見出しより…●車両走行性能と人間の感覚●走行性能の違いと原理●走行性能を向上させるボデー剛性の改良方法●騒音について●各自動車メーカーの特徴など…

◆出版・編集関連事業に携わる方々へ:御社で発行されるモビリティ(自動車/モーターサイクル/航空/船舶/自転車/宇宙等)関連書籍/雑誌を当編集部までお送りください。レスポンス紙面上にて紹介させていただきます。送り先は「〒163-0228 東京都新宿区2-6-1 新宿住友ビル28階 株式会社イード レスポンス編集部 宛」まで。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

モータースポーツ/エンタメ アクセスランキング

  1. 【ニュル24時間 2016】メルセデス AMG GT3、1‐4位を独占

    【ニュル24時間 2016】メルセデス AMG GT3、1‐4位を独占

  2. 【ロードスター 軽井沢ミーティング16】「MX-5 RF」日本初披露と3つの栄冠報告…過去最高参加者で盛り上がる

    【ロードスター 軽井沢ミーティング16】「MX-5 RF」日本初披露と3つの栄冠報告…過去最高参加者で盛り上がる

  3. 【ニュル24時間 2016】昨年の覇者、アウディ R8 は8位…「結果に失望」

    【ニュル24時間 2016】昨年の覇者、アウディ R8 は8位…「結果に失望」

  4. 【ニュル24時間 2016】クラス2連覇のスバル、パブリックビューイングでも歓喜の輪

  5. 【新聞ウォッチ】日産の役員報酬、ゴーン社長11億円? 9人の総額は15億3500万円

  6. 【ニュル24時間 2016】日産 GT-R、総合11位…日本車で最上位

  7. 【第100回 INDY500】新人ロッシ優勝…ホンダ勢の今季シリーズ戦初勝利が最大舞台で実現

  8. 【ニュル24時間 2016】スバル WRX STI、クラス2連覇を達成

  9. ロードスター・パーティレースIII、西日本シリーズが開幕

  10. 【ニュル24時間 2016】初参戦のレクサスRC F、総合24位

アクセスランキングをもっと見る