東名高速道路、3月に2か所でスマートICが開通

自動車 社会 行政

NEXCO中日本は、2016年3月に東名高速道路の2か所でスマートICが開通することを明らかにした。

3月12日15時に、焼津市、藤枝市、NEXCO中日本が整備を進めてきた「大井川焼津藤枝スマートIC(ETC専用)」を開通。「大井川焼津藤枝スマートIC」は、東名高速道路としては初めての本線直結型のスマートIC。焼津市道105号線と直結している。

3月19日には、沼津市とNEXCO中日本が整備を進めてきた「愛鷹スマートIC」が開通する。「愛鷹スマートIC」は愛鷹SA内に設置されるスマートIC。こちらは沼津市で初のスマートICとなる。

どちらのスマートICもETC専用で、東京方面・名古屋方面の両方面で出入り可能。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 社会 アクセスランキング

  1. 日系企業、車両周辺の状況を検知する特許技術で海外を圧倒…特許庁

    日系企業、車両周辺の状況を検知する特許技術で海外を圧倒…特許庁

  2. 堤防道路から滑落したクルマから自力脱出するも、運転者が死亡

    堤防道路から滑落したクルマから自力脱出するも、運転者が死亡

  3. 右折バイクと衝突、逮捕された直進車の運転者は酒気帯び状態

    右折バイクと衝突、逮捕された直進車の運転者は酒気帯び状態

  4. 日産 フェアレディZ NISMO パトカー、警視庁に配備完了

  5. ペダル踏み間違えのクルマが100円ショップに突っ込み、客1人が重傷

  6. 伊勢志摩サミット開催、伊勢自動車道および紀勢自動車道の一部区間で通行止め

  7. 熊本地震、今後の備えは「三段構え」で...気象庁

  8. 崩壊した阿蘇大橋の迂回路が開通…大津町役場=南阿蘇村役場間が20分短縮

  9. 九州の高速道路、無料化を検討...国交省

  10. 山間部の見通しが悪い交差点で右折車と衝突、バイク運転者が死亡

アクセスランキングをもっと見る