【デトロイトモーターショー16】日産 スカイライン クーペ 新型、211馬力の2.0ターボも設定

自動車 ニューモデル モーターショー

新型インフィニティQ60(日産 スカイライン クーペ)
  • 新型インフィニティQ60(日産 スカイライン クーペ)
  • 新型インフィニティQ60(日産 スカイライン クーペ)
  • 新型インフィニティQ60(日産 スカイライン クーペ)
  • 新型インフィニティQ60(日産 スカイライン クーペ)
  • 新型インフィニティQ60(日産スカイライン クーペ)
  • 新型インフィニティQ60(日産スカイライン クーペ)
  • 新型インフィニティQ60(日産スカイライン クーペ)
  • 新型インフィニティQ60(日産スカイライン クーペ)
日産自動車の海外向け高級車ブランド、インフィニティが1月11日、米国で開幕したデトロイトモーターショー16で初公開した新型『Q60』(日本名:新型日産『スカイライン クーペ』)。同車に、ダウンサイズの2.0ターボも設定される。

新型Q60のトップユニットが、新開発の「VR30」型直噴3.0リットル(2997cc)V型6気筒ガソリンツインターボ。このエンジンには2種類のチューニングが存在。高出力版の場合、最大出力405ps/6400rpm、最大トルク48.4kgm/1600-5200rpmを引き出す。

これに対して、直噴2.0リットル(1991cc)直列4気筒ガソリンターボを、ベースユニットとして用意。このエンジンは、すでに日本向けの『スカイライン セダン』にも搭載済み。

2.0ターボエンジンは、北米仕様の場合、最大出力211ps/5500rpm、最大トルク35.7kgm/1500rpmを獲得。トランスミッションは、3.0リットルV6ツインターボと同じく、7速ATを組み合わせた。

優れた環境性能は、ダウンサイズエンジンならでは。米国仕様の予想燃費は24マイル/ガロン、CO2排出量は154g/kmと公表されている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. フォード GT 新型は価格も“スーパー”…アヴェンタドール 超え40万ドル台半ばに

    フォード GT 新型は価格も“スーパー”…アヴェンタドール 超え40万ドル台半ばに

  2. ついに来た「ベイビーパナメーラ」! ポルシェ パジュン の姿

    ついに来た「ベイビーパナメーラ」! ポルシェ パジュン の姿

  3. ダッジ バイパー 生産終了へ…米国の代表的スポーツカー、25年の歴史に幕

    ダッジ バイパー 生産終了へ…米国の代表的スポーツカー、25年の歴史に幕

  4. GM、「ZR1」を再び商標登録…コルベット に最強版か

  5. ホンダ、新型フリード をホームページで先行公開

  6. メルセデス Eクラス ワゴン 新型、3種類の個性[動画]

  7. スズキ スイフト 次期型か!? 試作車をキャッチ

  8. 【グッドウッド16】ニュルFF最速、VW ゴルフ GTI クラブスポーツS…ヒルクライムに

  9. ポルシェ初のワゴン「シューティングブレーク」高速テストを見た[動画]

  10. メルセデス Aクラス、次世代型はSUV風に進化する!?

アクセスランキングをもっと見る