スズキ鈴木社長、「インド市場での一番重要なポイントは販売網の構築」

自動車 ビジネス 企業動向

スズキの鈴木俊宏社長
  • スズキの鈴木俊宏社長
  • マルチスズキ スイフト ディザイア 改良新型
スズキの鈴木俊宏社長は1月21日、都内で記者会見を開いた。その席上、インド市場について「日本の市場環境がよくないということで、今は本当にインドが大黒柱だと思っている」と述べ、その市場では絶対に負けられないという姿勢を見せた。

スズキはインドでシェア約47%と圧倒的な強さを誇る。その理由について、鈴木社長は「やはり市場とともに拡大してきたこと。1983~84年の段階で年間の生産台数が2万台だったが、それがここ数年は130万台を超える規模になってきた。これはひとえに市場の発展とともにマルチスズキが一緒にやってきたことが大きいと思う」と話す。

まさしくインド市場はスズキが中心になって育ててきたわけだが、現在、その市場は注目され、世界中のいろいろなメーカーが参入してきている。そのため、今後は競争が一層激しくなる見通しだ。

もちろん鈴木社長はそれを十分承知しており、今の地位を維持するために布石を打とうしている。「インドで最も重要なのは、販売網をいかにしっかりと構築していくかだと思う。それに応える商品づくりももちろんあるが、やはり営業拠点を全国土において設置し、機能を充実させることが一番重要なポイントではないかと思う」と鈴木社長。

現在、スズキはインドに約3000店の販売店を持っているが、今後はさらに増やしていき、同時に既存店の販売網に対して車を売ることに対して成熟させていく取り組みを行う計画だ。
《山田清志》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 撤退が決定したフォードディーラーの今…フォード神奈川港北ニュータウン店を訪ねる

    撤退が決定したフォードディーラーの今…フォード神奈川港北ニュータウン店を訪ねる

  2. 日産、韓国環境省を提訴…行政処分取り消し求める

    日産、韓国環境省を提訴…行政処分取り消し求める

  3. トヨタ プリウス TRDパーツ…空力性能を高め走りを追求[写真蔵]

    トヨタ プリウス TRDパーツ…空力性能を高め走りを追求[写真蔵]

  4. 日本板硝子、長波長紫外線をカットする自動車向けガラス製品化へ…世界初

  5. イギリスEU離脱…影響される日本企業343社

  6. 【ものづくりワールド16】松浦機械製作所のハイブリッド金属3Dプリンタ…人だかりの理由

  7. 生産現場にもVR? 自動車のエンジン組み立てる“バーチャル工場”

  8. 中央道小早川橋と弓振川橋をリニューアル 10月から

  9. マセラティ クアトロポルテ と ギブリ、米国でリコール…ATに不具合

  10. ファミリー派も納得、ミニバンの走りに安定感を…HKSのアル/ヴェル用新サスペンション「ハイパーマックス G」

アクセスランキングをもっと見る