車用消臭剤・芳香剤、ともにエアコン取り付けタイプが人気…GfKジャパン調べ

自動車 ビジネス 国内マーケット

エステー クルマの消臭力 クリップタイプ(参考画像)
  • エステー クルマの消臭力 クリップタイプ(参考画像)
  • 車用芳香剤・消臭剤の使用経験
  • 車用芳香剤・消臭剤の購入のきっかけ TOP5
  • ゲルタイプ芳香剤の使用率
GfKジャパンは、全国のドライバー約1万3300名を対象に、車用芳香剤・消臭剤に関するインターネット調査を実施。その調査結果を発表した。

車用芳香剤・消臭剤の使用状況については、80%超のドライバーが使用経験ありと回答。年代別にみると、50歳代以下では使用経験に大きな差がないものの、60歳代以上では使用経験が全体と比較して5%ポイント以上低かった。使用しない理由のトップは、全体では「芳香剤のニオイが嫌いだから」だったが、60歳代以上では「必要を感じていないから」だった。

購入のきっかけは、「エアコンのニオイが気になったから」が最も多く、「タバコのニオイが気になったから」と「店頭でみかけたから」がこれに続いた。ただし、20歳代以下の若年層では「店頭でみかけたから」が最多。同年代では最もよく購入する店舗としてカー用品量販店をあげる人が過半数いたが、ディスカウントストアをあげる人も10%以上と全体の3倍以上いた。

現在使用しているタイプは、芳香剤・消臭剤ともに「エアコン取り付けタイプ」が最多。また、芳香剤では、2位が「ゲルタイプ」、3位が「液体タイプ」、消臭剤では「シート下置きタイプ」と「スプレータイプ」が同率2位となった。年代別では、20歳代以下の最多は「ゲルタイプ」。使用率は2割を超えた。一方、60歳代の最多は「スプレータイプ」。エアコン取り付けタイプが主流となりつつあるが、同年代では従来のスタイルが根強く支持されているようだ。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. テスラ、カーシェアリングに進出へ…自動運転との連携も視野に

    テスラ、カーシェアリングに進出へ…自動運転との連携も視野に

  2. 三菱 ランエボ など、米国でリコール…サス部品脱落のおそれ

    三菱 ランエボ など、米国でリコール…サス部品脱落のおそれ

  3. マクラーレン、2016年販売は倍増の見通し…スポーツシリーズ効果

    マクラーレン、2016年販売は倍増の見通し…スポーツシリーズ効果

  4. シャープ、交通監視用カメラ向け4/3型CCDを開発…業界トップクラスの感度実現

  5. ホンダ欧州販売…33.5%増の8.8万台、ヴェゼル が牽引 上半期

  6. GM、タカタ製エアバッグで追加リコールの可能性…最大430万台

  7. いすゞ自動車、GMとの次世代ピックアップトラックの共同開発を中止…単独で開発へ

  8. バス乗車券の予約から乗車券提示までスマホアプリで---「BUS PAY」提供開始

  9. 野球解説者 小宮山悟 がカーメイトのアンバサダーに就任

  10. ドイツ高級3ブランドの中国販売、アウディが首位 6月

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら