車用消臭剤・芳香剤、ともにエアコン取り付けタイプが人気…GfKジャパン調べ

自動車 ビジネス 国内マーケット

エステー クルマの消臭力 クリップタイプ(参考画像)
  • エステー クルマの消臭力 クリップタイプ(参考画像)
  • 車用芳香剤・消臭剤の使用経験
  • 車用芳香剤・消臭剤の購入のきっかけ TOP5
  • ゲルタイプ芳香剤の使用率
GfKジャパンは、全国のドライバー約1万3300名を対象に、車用芳香剤・消臭剤に関するインターネット調査を実施。その調査結果を発表した。

車用芳香剤・消臭剤の使用状況については、80%超のドライバーが使用経験ありと回答。年代別にみると、50歳代以下では使用経験に大きな差がないものの、60歳代以上では使用経験が全体と比較して5%ポイント以上低かった。使用しない理由のトップは、全体では「芳香剤のニオイが嫌いだから」だったが、60歳代以上では「必要を感じていないから」だった。

購入のきっかけは、「エアコンのニオイが気になったから」が最も多く、「タバコのニオイが気になったから」と「店頭でみかけたから」がこれに続いた。ただし、20歳代以下の若年層では「店頭でみかけたから」が最多。同年代では最もよく購入する店舗としてカー用品量販店をあげる人が過半数いたが、ディスカウントストアをあげる人も10%以上と全体の3倍以上いた。

現在使用しているタイプは、芳香剤・消臭剤ともに「エアコン取り付けタイプ」が最多。また、芳香剤では、2位が「ゲルタイプ」、3位が「液体タイプ」、消臭剤では「シート下置きタイプ」と「スプレータイプ」が同率2位となった。年代別では、20歳代以下の最多は「ゲルタイプ」。使用率は2割を超えた。一方、60歳代の最多は「スプレータイプ」。エアコン取り付けタイプが主流となりつつあるが、同年代では従来のスタイルが根強く支持されているようだ。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 小は大を兼ねるか? 軽&コンパクトカーのパッケージング、3つのポイントで検証

    小は大を兼ねるか? 軽&コンパクトカーのパッケージング、3つのポイントで検証

  2. 【人とくるまのテクノロジー16】シェフラージャパン、電動化によるバルブタイミング制御技術などを紹介

    【人とくるまのテクノロジー16】シェフラージャパン、電動化によるバルブタイミング制御技術などを紹介

  3. 米トヨタ、タカタ製エアバッグで追加リコール…約158万台

    米トヨタ、タカタ製エアバッグで追加リコール…約158万台

  4. スズキと三菱自の重複1次仕入先は167社…東京商工リサーチ

  5. ドラ割「北海道ETC夏トクふりーぱす」販売開始…高速3日間乗り放題で7900円

  6. ボルボ買収の中国吉利、南米衝突テストに失格

  7. 【人とくるまのテクノロジー16】東芝、次世代コックピットソリューションなどを出展

  8. ボルボカーズ傘下のポールスター、新CEOを指名

  9. 三菱自、開発部門副社長に日産の山下元副社長

  10. ZMP、実車とドライブシミュレーターを組み合わせた実験走行サービスを開始

アクセスランキングをもっと見る