【東京オートサロン16】学生5人でトヨタ初の大衆車パブリカを復活…トヨタ東京自動車大学校

自動車 ニューモデル 新型車

トヨタ東京自動車大学校の生徒が改造した『パブリカ』
  • トヨタ東京自動車大学校の生徒が改造した『パブリカ』
  • トヨタ東京自動車大学校の生徒が改造した『パブリカ』
「東京オートサロン」では毎回、懐かしい車に出会うことが少なくない。今回もそんな車があった。その1台がトヨタ東京自動車大学校の『パブリカ』だ。

パブリカと言えば、国民車構想の影響を受けて開発されたトヨタ自動車初の大衆車で、1961年から78年まで生産された。しかし、展示されたパブリカはその時代のものと少し違う。

「できるだけオリジナルを保ちながら、今の若者にも受け入れられるように学生5人で改造してみました」と1人の学生が説明する。

エンジンは昔のままの790ccのものを使っているが、フェンダーを迫力のあるオーバーフェンダーに改造し、タイヤに太い195、ホイールに「SSRロンシャン」を使用した。そして、シートは『コブラ』のものを使うなど、細かいところに気を遣いながら、4カ月かけて完成させたという。

パブリカの周りには特に中高年が集まり、当時のことを懐かしがりながら写真を撮る人が多かった。
《山田清志》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. 【トヨタ プリウスPHV 新型】世界初の駆動用ソーラー充電搭載…1日最大6.1km走行分を発電

    【トヨタ プリウスPHV 新型】世界初の駆動用ソーラー充電搭載…1日最大6.1km走行分を発電

  2. 【ホンダ NSX 新型】日本車最高値の2370万円、ポルシェ 911ターボ も超えた

    【ホンダ NSX 新型】日本車最高値の2370万円、ポルシェ 911ターボ も超えた

  3. 【トヨタ プリウスPHV 新型】航続60km以上、最高速135km/hに…豊島チーフエンジニア「EVの走りをはっきりと」

    【トヨタ プリウスPHV 新型】航続60km以上、最高速135km/hに…豊島チーフエンジニア「EVの走りをはっきりと」

  4. 【ホンダ NSX 新型】展示は販売店以外で…羽田空港、表参道ヒルズはじめ、名古屋、大阪でイベント

  5. 【ホンダ NSX 新型】開発責任者クラウス氏「競合車はない。これははっきりしている」

  6. フォルクスワーゲン CC 後継車、画像がリーク…4ドアクーペ健在

  7. ポルシェ カイエン 次期型、“ランデブー”高地テストを激写

  8. 【ホンダ NSX 新型】八郷社長「車がただの道具になってもらっては困る」

  9. ランドローバー ディスカバリースポーツ、2017年モデルの受注開始

  10. 【レヴォーグ STIスポーツ】上質な内装と疲れないクルマを求めてドアポケットにまでこだわり

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら