MINI コンバーチブル 新型に最強の「JCW」…2.0ターボは231馬力

自動車 ニューモデル 新型車

新型MINI コンバーチブルのジョンクーパーワークス
  • 新型MINI コンバーチブルのジョンクーパーワークス
  • 新型MINI コンバーチブルのジョンクーパーワークス
  • 新型MINI コンバーチブルのジョンクーパーワークス
  • 新型MINI コンバーチブルのジョンクーパーワークス
  • 新型MINI コンバーチブルのジョンクーパーワークス
  • 新型MINI コンバーチブルのジョンクーパーワークス
  • 新型MINI コンバーチブルのジョンクーパーワークス
  • 新型MINI コンバーチブルのジョンクーパーワークス
BMWグループのMINI は1月16日、新型MINI『コンバーチブル』の「ジョンクーパーワークス」(JCW)を欧州で発表した。

MINIは2015年1月、デトロイトモーターショー15において、新型MINI『ハッチバック』のジョンクーパーワークス(JCW)を発表。今度は、2015年秋の東京モーターショー15でワールドプレミアされた新型MINIコンバーチブルに、JCWが設定される。

コンバーチブルJCWのパワートレインは、ハッチバックと共通。「クーパーS」グレード用の直噴2.0リットル直列4気筒ガソリンターボをチューニング。最大出力は231hp/5200-6000rpm、最大トルクは32.6kgm/1250-4800rpmを引き出す。

このスペックは、ベースエンジンの最大出力192hp、最大トルク30.6kgm(オーバーブーストモード)に対して、39hp、2kgmの強化。トランスミッションは6速MTまたは6速AT「ステップトロニック」。0‐100km/h加速6.5‐6.6秒、最高速241km/hの動力性能を実現した。

足回りは、ブレンボ製ブレーキをはじめ、サスペンションを専用チューン。内外装は、スポーティな仕上げ。外観は、専用バンパーやエアロパーツを装備して迫力アップ。足元は17インチの専用アルミホイールで引き締めた。室内では、スポーツシートやステアリングホイール、ステンレス製ペダルなどが専用装備されている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. ポルシェ パナメーラ 新型、ニュルで7分38秒…高級セダン最速

    ポルシェ パナメーラ 新型、ニュルで7分38秒…高級セダン最速

  2. 【スズキ SX4 Sクロス 改良新型】大胆チェンジを見る[動画]

    【スズキ SX4 Sクロス 改良新型】大胆チェンジを見る[動画]

  3. 【プラントメンテナンスショー16】ヤマハの子会社、ゴルフカートの改造車で新たな需要を

    【プラントメンテナンスショー16】ヤマハの子会社、ゴルフカートの改造車で新たな需要を

  4. ホンダ NSX 新型、最高速は308km/h…欧州仕様

  5. ホンダ NSX 新型、欧州仕様は581馬力で確定

  6. 日産 フェアレディZ 次期型、登場は2017年東京ショーか

  7. アルファ ジュリア、ニュルで7分39秒を叩き出す…510hpの「クアドリフォリオ」

  8. 【ルノー トゥインゴ 新型】今後もMTは前向きに検討

  9. 【ルノー トゥインゴ 新型】あのクルマとの差はデザインと値段、そしてユーザー層

  10. 【スズキ SX4 Sクロス 改良新型】イタリアで先行公開…表情一新

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら