MINI コンバーチブル 新型に最強の「JCW」…2.0ターボは231馬力

自動車 ニューモデル 新型車

新型MINI コンバーチブルのジョンクーパーワークス
  • 新型MINI コンバーチブルのジョンクーパーワークス
  • 新型MINI コンバーチブルのジョンクーパーワークス
  • 新型MINI コンバーチブルのジョンクーパーワークス
  • 新型MINI コンバーチブルのジョンクーパーワークス
  • 新型MINI コンバーチブルのジョンクーパーワークス
  • 新型MINI コンバーチブルのジョンクーパーワークス
  • 新型MINI コンバーチブルのジョンクーパーワークス
  • 新型MINI コンバーチブルのジョンクーパーワークス
BMWグループのMINI は1月16日、新型MINI『コンバーチブル』の「ジョンクーパーワークス」(JCW)を欧州で発表した。

MINIは2015年1月、デトロイトモーターショー15において、新型MINI『ハッチバック』のジョンクーパーワークス(JCW)を発表。今度は、2015年秋の東京モーターショー15でワールドプレミアされた新型MINIコンバーチブルに、JCWが設定される。

コンバーチブルJCWのパワートレインは、ハッチバックと共通。「クーパーS」グレード用の直噴2.0リットル直列4気筒ガソリンターボをチューニング。最大出力は231hp/5200-6000rpm、最大トルクは32.6kgm/1250-4800rpmを引き出す。

このスペックは、ベースエンジンの最大出力192hp、最大トルク30.6kgm(オーバーブーストモード)に対して、39hp、2kgmの強化。トランスミッションは6速MTまたは6速AT「ステップトロニック」。0‐100km/h加速6.5‐6.6秒、最高速241km/hの動力性能を実現した。

足回りは、ブレンボ製ブレーキをはじめ、サスペンションを専用チューン。内外装は、スポーティな仕上げ。外観は、専用バンパーやエアロパーツを装備して迫力アップ。足元は17インチの専用アルミホイールで引き締めた。室内では、スポーツシートやステアリングホイール、ステンレス製ペダルなどが専用装備されている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. 【トヨタ プリウスPHV 新型】世界初の駆動用ソーラー充電搭載…1日最大6.1km走行分を発電

    【トヨタ プリウスPHV 新型】世界初の駆動用ソーラー充電搭載…1日最大6.1km走行分を発電

  2. 【ホンダ NSX 新型】日本車最高値の2370万円、ポルシェ 911ターボ も超えた

    【ホンダ NSX 新型】日本車最高値の2370万円、ポルシェ 911ターボ も超えた

  3. 【トヨタ プリウスPHV 新型】航続60km以上、最高速135km/hに…豊島チーフエンジニア「EVの走りをはっきりと」

    【トヨタ プリウスPHV 新型】航続60km以上、最高速135km/hに…豊島チーフエンジニア「EVの走りをはっきりと」

  4. 【ホンダ NSX 新型】展示は販売店以外で…羽田空港、表参道ヒルズはじめ、名古屋、大阪でイベント

  5. 【ホンダ NSX 新型】開発責任者クラウス氏「競合車はない。これははっきりしている」

  6. フォルクスワーゲン CC 後継車、画像がリーク…4ドアクーペ健在

  7. ポルシェ カイエン 次期型、“ランデブー”高地テストを激写

  8. ランドローバー ディスカバリースポーツ、2017年モデルの受注開始

  9. 【ホンダ NSX 新型】八郷社長「車がただの道具になってもらっては困る」

  10. 【レヴォーグ STIスポーツ】上質な内装と疲れないクルマを求めてドアポケットにまでこだわり

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら