電動二輪車の感電保護基準を新設、パワーダウン警告装置を義務化

自動車 社会 行政

国土交通省自動車局では、電動二輪車の乗車人員の感電保護基準を新設するため、道路運送車両の保安基準を改正、1月20日に公布、施行した。

保安基準の改正では、「バッテリー式電気二輪自動車に係る協定規則」の技術的要件に適合することを義務付ける。具体的には、車両通常使用時に車両全領域で、高電圧部分との直接接触による感電保護要件に適合する感電保護要件を新設する。駆動用バッテリーの要件として、転倒時などに電池の電解液漏れ、車両からの脱落がないことも新設する。

機能安全要件として充電コード接続状態で発進、走行しないことや、運転者がモーター始動時から走行可能状態とする操作を2段階以上とすること、走行時に一定レベル以上の自動的なパワー減少、電池の充電量低下によるパワー減少が発生したことを表示する装置を備えることも新設する

新型車は2018年1月20日から、継続生産車などは2020年1月20日から適用される。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 社会 アクセスランキング

  1. バイクで歩行者ひき逃げの男に懲役刑、無保険の隠蔽も認定

    バイクで歩行者ひき逃げの男に懲役刑、無保険の隠蔽も認定

  2. 軽がトラックと正面衝突、非番の女性警官死亡

    軽がトラックと正面衝突、非番の女性警官死亡

  3. カメラで無保険車を発見 車両のナンバー読み取りで、国交省実用化へ

    カメラで無保険車を発見 車両のナンバー読み取りで、国交省実用化へ

  4. 阪神高速を200km/h近い速度で走行した男を逮捕…しかも無保険

  5. 宇都宮市で13台中7台に整備命令 夜間の街頭検査

  6. ミラーレス車を解禁へ、国交省が基準を整備

  7. 『ETC 2.0』普及へ前進、経路別の料金優遇などサービス具体化へ

  8. トレーラーのブレーキ引き摺りによる火災事故、3年間で82件に

  9. 九州の高速道路、無料化を検討...国交省

  10. 『ETC2.0』とは…次世代ETCが目指す未来の道路交通

アクセスランキングをもっと見る