電動二輪車の感電保護基準を新設、パワーダウン警告装置を義務化 | レスポンス(Response.jp)

電動二輪車の感電保護基準を新設、パワーダウン警告装置を義務化

自動車 社会 行政

ヤマハ発動機の電動バイク「イービーノ」(参考画像)
  • ヤマハ発動機の電動バイク「イービーノ」(参考画像)
  • 電動二輪車の感電保護基準
国土交通省自動車局では、電動二輪車の乗車人員の感電保護基準を新設するため、道路運送車両の保安基準を改正、1月20日に公布、施行した。

保安基準の改正では、「バッテリー式電気二輪自動車に係る協定規則」の技術的要件に適合することを義務付ける。具体的には、車両通常使用時に車両全領域で、高電圧部分との直接接触による感電保護要件に適合する感電保護要件を新設する。駆動用バッテリーの要件として、転倒時などに電池の電解液漏れ、車両からの脱落がないことも新設する。

機能安全要件として充電コード接続状態で発進、走行しないことや、運転者がモーター始動時から走行可能状態とする操作を2段階以上とすること、走行時に一定レベル以上の自動的なパワー減少、電池の充電量低下によるパワー減少が発生したことを表示する装置を備えることも新設する

新型車は2018年1月20日から、継続生産車などは2020年1月20日から適用される。
《レスポンス編集部》

関連ニュース

特集

おすすめの商品