日産、次世代のEV用バッテリーを英国で生産へ

自動車 ビジネス 企業動向

日産の英国バッテリー工場
  • 日産の英国バッテリー工場
  • 日産リーフの2016年モデル
日産自動車は1月21日、次世代のEV用のバッテリーを、英国で生産する計画を発表した。

今回の発表は、日産の英国生産拠点、サンダーランド工場が2016年で30周年の節目を迎えることに合わせて行われたもの。サンダーランド工場で、次世代EV用のバッテリーを製造することが決定した。

日産は2013年から、サンダーランド工場において、EV『リーフ』の生産を開始。リーフ用のリチウムイオンバッテリーも組み立ててきた。

次世代EV用バッテリーの生産準備として、日産はサンダーランド工場に1940万ポンドを投資する計画。300名の雇用を維持していく。

日産ヨーロッパのポール・ウィルコックス会長は、「今日の発表は、今後も日産がEVのリーダーであり続けることを示すもの」と語っている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 日本自動車セールス満足度、ラグジュリー部門でレクサスがV10達成…JDパワー

    日本自動車セールス満足度、ラグジュリー部門でレクサスがV10達成…JDパワー

  2. パナソニック、業界最高容量のアイドリングストップ車用バッテリーを発売…寿命は1.8倍

    パナソニック、業界最高容量のアイドリングストップ車用バッテリーを発売…寿命は1.8倍

  3. 自動車用ソーラーパワー換気扇、車内の温度上昇を抑制

    自動車用ソーラーパワー換気扇、車内の温度上昇を抑制

  4. 国内初のリチウムイオンバッテリー搭載フォークリフト、トヨタL&Fが発売

  5. 震災から4か月、ホンダ熊本製作所 完全復旧までの道のり

  6. 三菱自の燃費不正対象車両、検索システムで一部リスト漏れ

  7. アウディジャパン、Q3 3車種の価格を10万円引き下げ

  8. サスペンションが慣性エネルギーを電力に変換…アウディが開発

  9. VWの独6工場、稼働を一時停止…サプライヤーとの対立が原因

  10. F1からWorldRXまで、見たいときにスマホで観戦…ネット配信「DAZN」スタート

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら