光岡 リューギ ワゴン 開発責任者「リアビューは、かなり苦労した」

自動車 ニューモデル 新型車

光岡 リューギ ワゴン
  • 光岡 リューギ ワゴン
  • 光岡 リューギ ワゴン
  • 光岡 リューギ ワゴン
  • 光岡 リューギ ワゴン
  • 光岡 リューギ セダン
  • 光岡 リューギ セダン
  • 光岡自動車 青木孝憲 開発課課長
  • 光岡 リューギ ワゴン
光岡自動車は新型ステーションワゴン『リューギ ワゴン』を1月22日から販売を開始すると発表した。トヨタ自動車の『カローラ フィールダー』をベースにした新型車で、価格は249万9120~339万8760円。

開発責任者を務める青木孝憲開発課課長は「ワゴンになったことで『リューギ セダン』よりも伸びやかなサイドビューを実現した」としながらも、「リア周りのデザインはセダンタイプではないので、なかなかまとめにくいというのが正直あった」と振り返る。

というのも「最近の自動車のデザインにおいてリアコンビネーションランプは機械的で、けっこうきつめのものが多い。リアが急にイマ風になるとリューギのフロントマスクに合わなくなってくる」からだ。

このため「いろいろ迷った」末に、「結局はセダンと同じリアコンビに落ち着いた。かなり苦労した」と明かす。

また「寸法も今回はけっこう気にした。セダンと同じ全長4510mmに納めた」という。その理由は「セダンのユーザーが乗り換えることもできるようにしたかった」からだ。

ベース車両のパワートレインは1.5リットルおよび1.8リットルのガソリンエンジンとハイブリッドの3タイプあるが、リューギ ワゴンは1.5リットルガソリンエンジンとハイブリッドの2本立てのみとなっている。

青木氏は「うちのユーザー層を考えても、また長年の経験からして1.5リットルがあって、その上にハイブリッドがあると、1.8リットルはいるのかなというのが正直なところ。我々のユーザー層としては1.5リットルかハイブリッドだと思う。自動車屋の感覚として1.8リットルを求める人はなかなかないだろうと判断した」と話していた。
《小松哲也》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. MINIセブン 発売、原点「オースチン・セブン」を彷彿

    MINIセブン 発売、原点「オースチン・セブン」を彷彿

  2. 【ホンダ NSX 新型】八郷社長「車がただの道具になってもらっては困る」

    【ホンダ NSX 新型】八郷社長「車がただの道具になってもらっては困る」

  3. 【ホンダ NSX 新型】展示は販売店以外で…羽田空港、表参道ヒルズはじめ、名古屋、大阪でイベント

    【ホンダ NSX 新型】展示は販売店以外で…羽田空港、表参道ヒルズはじめ、名古屋、大阪でイベント

  4. 日産 GT-R NISMO、2017年モデル発売…空力性能を向上 1870万0200円

  5. 【ホンダ NSX 新型】国内販売価格は2370万円、2017年2月27日より発売

  6. マツダ アテンザ 商品改良…G-ベクタリングコントロールを採用

  7. 【ホンダ NSX 新型】車体骨格に世界初の「アブレーション鋳造」部材

  8. 【モスクワモーターショー16】開幕…まったく予想外の事態にしばし呆然

  9. 【レヴォーグ STIスポーツ】上質な内装と疲れないクルマを求めてドアポケットにまでこだわり

  10. 【ペブルビーチ 16】キャデラック エスカーラ、市販の可能性も

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら