光岡 リューギ ワゴン 開発責任者「ユーザー層の変化や若返りに対応」

自動車 ニューモデル 新型車

光岡 リューギ ワゴン
  • 光岡 リューギ ワゴン
  • 光岡 リューギ ワゴン
  • 光岡 リューギ ワゴン
  • 光岡 リューギ ワゴン
  • 光岡 リューギ ワゴン
  • 光岡自動車 青木孝憲 開発課課長
光岡自動車は新型ステーションワゴン『リューギ ワゴン』を1月22日から販売を開始すると発表した。トヨタ自動車の『カローラ フィールダー』をベースにしたモデルで、価格は249万9120~339万8760円。

トヨタ『カローラ アクシオ』がベースのセダンタイプの『リューギ』が2014年6月に発売されてから1年7カ月を経てのステーションワゴンモデルの追加となるが、開発責任者を務める青木孝憲開発課課長は「ワゴンの企画を始めたのは半年くらい前」と明かす。

というのも「私どもの商品はスペースユーティリティカーよりもパーソナルカーを求めるお客様が多く、セダンタイプを発表した当時はステーションワゴンを投入する計画はなかった」からだ。

しかし「我々の主要ユーザー層は50歳以上で、中には80歳代の方もいるが、最近は光岡の認知度が少し広まったのか、20代、30代、40代のユーザーもそういうユーザーも増えてきた」という。そこで「ユーザー層の変化、若返りに対応した商品ということで開発に至った」と経緯を語る。

このためリューギ ワゴンは「セダンより多い7色のボディーカラーの設定やオプション品も充実させて、これまでのクラッシクラインアップにない、アクティブなユーザーも楽しめる仕様となっている」という。

わずか半年間で商品化に漕ぎ着けたが青木氏は「我々はそれくらいのサイクルでやらないととても勝ち目がない」とも話していた。
《小松哲也》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品