東武鉄道、『フライング東上』の「復活」記念切符を発売

鉄道 企業動向

「フライング東上号復活記念乗車券」のイメージ(台紙表面)。2月1日から発売される。
  • 「フライング東上号復活記念乗車券」のイメージ(台紙表面)。2月1日から発売される。
  • 「フライング東上号復活記念乗車券」は硬券4枚と台紙のセットになる。
  • 濃い青と黄色帯が特徴だった『フライング東上』の姿を再現した50090形(左)と8000系(右)。昨年11月から運行されている。
東武鉄道は2月1日から、『フライング東上』の「復活」を記念し、東上線の主な駅などで「フライング東上号復活記念乗車券」を発売する。

『フライング東上』は、1949年から1967年までの行楽シーズンを中心に運行された、観光客向けの列車。車両は濃い青をベースに黄色の帯を巻いた塗装が施され、車内には音楽を流すための放送装置も設置されていた。

東武鉄道は2015年、50090形電車10両編成1本と8000系電車4両編成1本を使用し、かつての『フライング東上』の塗装を再現。50090形はラッピング、8000系は通常の塗装で濃い青と黄色帯を表現し、11月28日から東上線池袋~小川町間と越生線で営業運行している。

「フライング東上号復活記念乗車券」は硬券4枚と台紙のセットで、発売額は1セット1000円。池袋駅や小川町駅など東上線の17駅と、東武グループツーリストプラザで販売される。発売期間は2月1日から29日までの予定だが、売切れ次第販売を終了する。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

鉄道 アクセスランキング

  1. JR西日本、岡山の観光車両「ラ・マル」が四国乗り入れ

    JR西日本、岡山の観光車両「ラ・マル」が四国乗り入れ

  2. JR東日本のお座敷電車「ニューなのはな」、8月で引退へ…181系の「残党」減る

    JR東日本のお座敷電車「ニューなのはな」、8月で引退へ…181系の「残党」減る

  3. JR東日本、千葉新駅舎を11月オープン…線路上空の3階に移転

    JR東日本、千葉新駅舎を11月オープン…線路上空の3階に移転

  4. JR東日本、仙台地区に4両固定編成のE721系導入で混雑緩和…11月頃から

  5. 川崎重工、都営大江戸線向け鉄道車両を88両受注…2018年度から納入

  6. 東武鉄道、岩槻駅の橋上化が完成…5月31日使用開始

  7. JR四国、旧国鉄121系電車をリニューアル…CFRP台車「efWING」導入

  8. 東武鉄道、竹ノ塚駅前後の下り急行線を5月に高架化…踏切事故から11年

  9. JR東日本、415系ステンレス車の引退記念列車を運転…6月25日

  10. JR西日本の213系観光車両、名称は「旅行鞄」に…来春運行開始

アクセスランキングをもっと見る