人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

リサイクル炭素繊維を用いた熱硬化性CFRPの強度向上、産総研が製造プロセス開発

自動車 ビジネス 企業動向

産業技術総合研究所は1月19日、リサイクル炭素繊維を用いた熱硬化性CFRP(炭素繊維強化熱硬化性樹脂複合材料)の強度を向上させる製造プロセスを開発したと発表した。

愛知県では、科学技術交流財団に委託して、大学などの研究シーズを企業の製品化につなげる産学行政連携の共同研究開発プロジェクト「知の拠点あいち 重点研究プロジェクト」を実施している。今回の製造プロセス開発は、その重点研究プロジェクト「低環境負荷型次世代ナノ・マイクロ加工技術の開発プロジェクト」において実現したものだ。

CFRPは、航空機や自動車などの分野で、金属よりも軽い構造材料として注目を集めており、リサイクルに向けた研究開発も活発に行われている。しかし、リサイクル炭素繊維は新品よりも強度が低下するという課題があり、熱硬化性CFRPにもそれは当てはまる。

今回開発したプロセスでは、熱硬化性CFRP製造時の樹脂を硬化させる加熱工程において、従来のオーブンではなくマイクロ波を使用。従来法よりも樹脂と炭素繊維の密着性が上がり、熱硬化性CFRPの強度を向上させることができたという。

今回の開発によって、リサイクル炭素繊維を用いた熱硬化性CFRPの性能向上と製造コスト低減に期待がかかる。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. パナソニック、業界最高容量のアイドリングストップ車用バッテリーを発売…寿命は1.8倍

    パナソニック、業界最高容量のアイドリングストップ車用バッテリーを発売…寿命は1.8倍

  2. 震災から4か月、ホンダ熊本製作所 完全復旧までの道のり

    震災から4か月、ホンダ熊本製作所 完全復旧までの道のり

  3. 自動車用ソーラーパワー換気扇、車内の温度上昇を抑制

    自動車用ソーラーパワー換気扇、車内の温度上昇を抑制

  4. VWの独6工場、稼働を一時停止…サプライヤーとの対立が原因

  5. 日本自動車セールス満足度、ラグジュリー部門でレクサスがV10達成…JDパワー

  6. アウディジャパン、Q3 3車種の価格を10万円引き下げ

  7. 【リコール】日野プロフィア4万5000台、エンジン不具合で出火のおそれ

  8. サスペンションが慣性エネルギーを電力に変換…アウディが開発

  9. F1からWorldRXまで、見たいときにスマホで観戦…ネット配信「DAZN」スタート

  10. ホンダ、熊本製作所が通常稼働を再開…震災から4か月

アクセスランキングをもっと見る