乗員検知システムの世界市場、2025年には3.2倍に拡大…自動運転関連が牽引

自動車 社会 行政

矢野経済研究所では、乗員検知システムの世界市場について調査を実施。その結果を「2015-2016 車室内・乗員検知システム/センサデバイスの市場展望」にまとめた。

調査は、2015年7月から11月の期間、自動車/カーエレクトロニク/半導体メーカを対象に、同社専門研究員による直接面談、電話・e-mailによるヒアリング、ならびに文献調査併用して行った。

乗員検知システムとは、車室内に搭載された各種センサが運転席/助手席の乗員の状態を検知し、その状況に応じて各種機能を実現する車載システム。すでに、シートに内蔵された体重センサによるエアバッグ制御システムや車室内近赤外線カメラや操舵角センサを利用したドライバーモニタリングシステム(DMS)、半導体ガスセンサによるアルコール検知システムなどが実用化されている。

調査結果によると、2015年における乗員検知システム世界市場(メーカ出荷金額ベース)は、前年比10.5%増となる819億4200万円に達する見込み。エアバッグ制御システムが市場の中心で、米国市場の大部分の車両で採用されている。

今後、市場は拡大し、2025年には2628億7400万円になると予測。2014年から2025年までの年平均成長率は12.2%となり、乗員検知システム世界市場の牽引役はエアバッグ関連から自動運転関連のシステムに転換すると予測する。

また、2020年以降はレベル2(部分的自動運転)の自動運転システム搭載車両の普及拡大が進み、DMSの採用が増加すると考える。2014年から2025年までの年平均成長率は21.7%に達し、2025年の自動運転関連の乗員検知システム世界市場規模は1389億8500万円になると予測する。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 社会 アクセスランキング

  1. トレーラーのブレーキ引き摺りによる火災事故、3年間で82件に

    トレーラーのブレーキ引き摺りによる火災事故、3年間で82件に

  2. 自動操舵の10km/h制限を当分の間猶予…保安基準を改正

    自動操舵の10km/h制限を当分の間猶予…保安基準を改正

  3. 宇都宮市で13台中7台に整備命令 夜間の街頭検査

    宇都宮市で13台中7台に整備命令 夜間の街頭検査

  4. ドライバーの異常を車外に通知、ブレーキ灯点滅などで…保安基準を改正

  5. ミラーレス車を解禁へ、国交省が基準を整備

  6. ひたちなかICで二輪車を対象に街頭検査…違法マフラー装着バイク1台に整備命令書を交付

  7. 重量オーバーを実名告発...高速道路機構と中日本高速

  8. 『ETC 2.0』普及へ前進、経路別の料金優遇などサービス具体化へ

  9. 「増設に向けた検討を指示」...バスタ新宿 女子トイレ問題

  10. 高速道路各社が過積載取り締まりを強化…悪質違反者初の告発も

アクセスランキングをもっと見る