フォルクスワーゲンCEO、米工場への投資継続を強調

自動車 ビジネス 海外マーケット

フォルクスワーゲングループのマティアス・ミュラーCEO
  • フォルクスワーゲングループのマティアス・ミュラーCEO
  • フォルクスワーゲン米国チャタヌーガ工場
1月11日、米国で開幕したデトロイトモーターショー16。排ガス不正問題で揺れるフォルクスワーゲングループのトップが、改めて米国の生産拠点への投資継続を強調した。

これは、フォルクスワーゲングループのマティアス・ミュラーCEOが明らかにしたもの。同CEOは、「米国がフォルクスワーゲングループにとって、主要市場であることは変わらない」と述べ、米国テネシー州チャタヌーガ工場への投資を継続することも、約束している。

チャタヌーガ工場では現在、欧州向けとは異なる北米専用の『パサート』を生産中。同車は2011年4月、チャタヌーガ工場で、量産第一号車がラインオフ。2015年7月には、生産開始から約4年で、累計生産が50万台に到達したばかり。

フォルクスワーゲングループは2015年10月、全ての投資計画の見直しを発表。ディーゼルエンジンの違法ソフトウェア問題を受けて、その対策などの費用がかさむことが見込まれており、必要不可欠な投資だけを実行していく方針が決められた。

同社は今回、改めてチャタヌーガ工場への投資は必要不可欠とし、投資を継続することを米国でアピールした形。マティアス・ミュラーCEOは、「フォルクスワーゲンは米国市場への理解をさらに深める必要がある。チャタヌーガに建設中の開発センターが、この目標達成に貢献するだろう」とコメントしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 【メルセデスベンツ Eクラス 新型】Amazonと協力してレンタルキャンペーン

    【メルセデスベンツ Eクラス 新型】Amazonと協力してレンタルキャンペーン

  2. ポルシェ、EVスポーツの開発と生産準備…1400名以上を雇用

    ポルシェ、EVスポーツの開発と生産準備…1400名以上を雇用

  3. メルセデス・ベンツ日本 上野社長「カーシェアを日本でも積極的に進めていく」

    メルセデス・ベンツ日本 上野社長「カーシェアを日本でも積極的に進めていく」

  4. JEITA、ドライブレコーダー出荷実績を公表へ…第1四半期は32万台

  5. 三菱自動車の第1四半期決算…最終赤字1297億円、燃費データ不正問題が影響

  6. レギュラーガソリン、前週比0.5円安の122.2円…4週連続の値下がり

  7. 定額クルマ乗り換え放題サービス始まる…IDOMが首都圏で先行リリース

  8. 三菱ふそう、バス床下の腐食点検を呼びかけ…重大事故のおそれ

  9. VWの排ガス不正問題の和解案、米国の裁判所が仮承認

  10. 【リコール】日野プロフィア など1万7000台、走行不能になるおそれ

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら