フォルクスワーゲンCEO、米工場への投資継続を強調

自動車 ビジネス 海外マーケット

フォルクスワーゲングループのマティアス・ミュラーCEO
  • フォルクスワーゲングループのマティアス・ミュラーCEO
  • フォルクスワーゲン米国チャタヌーガ工場
1月11日、米国で開幕したデトロイトモーターショー16。排ガス不正問題で揺れるフォルクスワーゲングループのトップが、改めて米国の生産拠点への投資継続を強調した。

これは、フォルクスワーゲングループのマティアス・ミュラーCEOが明らかにしたもの。同CEOは、「米国がフォルクスワーゲングループにとって、主要市場であることは変わらない」と述べ、米国テネシー州チャタヌーガ工場への投資を継続することも、約束している。

チャタヌーガ工場では現在、欧州向けとは異なる北米専用の『パサート』を生産中。同車は2011年4月、チャタヌーガ工場で、量産第一号車がラインオフ。2015年7月には、生産開始から約4年で、累計生産が50万台に到達したばかり。

フォルクスワーゲングループは2015年10月、全ての投資計画の見直しを発表。ディーゼルエンジンの違法ソフトウェア問題を受けて、その対策などの費用がかさむことが見込まれており、必要不可欠な投資だけを実行していく方針が決められた。

同社は今回、改めてチャタヌーガ工場への投資は必要不可欠とし、投資を継続することを米国でアピールした形。マティアス・ミュラーCEOは、「フォルクスワーゲンは米国市場への理解をさらに深める必要がある。チャタヌーガに建設中の開発センターが、この目標達成に貢献するだろう」とコメントしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 軍用ロボ? いえトラクターです…ランボルギーニ MACH VRT T4i

    軍用ロボ? いえトラクターです…ランボルギーニ MACH VRT T4i

  2. ホンダ、アコードPHV の生産を終了…国内累計登録わずか238台

    ホンダ、アコードPHV の生産を終了…国内累計登録わずか238台

  3. マヒンドラのSUV、最低のゼロ評価…グローバルNCAP

    マヒンドラのSUV、最低のゼロ評価…グローバルNCAP

  4. “塗装のスペシャリスト”が手がけるオリジナルボディコーティング、「GM CARE」とは?…ガラージュモリ

  5. 自然に溶け込むアウトドア用品…ドッペルギャンガーのナチュラルシリーズ

  6. 【ハーマン オートモーティブ】未来のクルマに入り込む、世界最大級のオーディオブランド

  7. 【カーグッズ】耐久性に注目「本格コーティング剤」でボディケア

  8. スズキ イーコ、最低のゼロ評価…グローバルNCAP

  9. トヨタ ヴィッツ、米国でリコール…サスペンションに不具合

  10. 【R-M ベストペインターコンテスト16】7試 8心技…現場で鍛えた腕とリズムで“色を塗る”

アクセスランキングをもっと見る