【東京オートサロン16】 ロータス エヴォーラ 400 が関東で初お披露目、注目を集める

自動車 ニューモデル 新型車

ロータス『エヴォーラ400』
  • ロータス『エヴォーラ400』
  • ロータス『エヴォーラ400』
  • ロータス『エヴォーラ400』
  • ロータス『エヴォーラ400』
  • ロータス『エヴォーラ400』
  • ロータス『エヴォーラ400』
  • ロータス『エヴォーラ400』
  • SUPER GT参戦マシン
17日に閉幕した東京オートサロン2016。ロータスのブースには昨年11月に日本に上陸したばかりの『エヴォーラ400』が展示され注目を集めた。

この『エヴォーラ400』は、ロータスが手がけるロードカー史上では最速といわれている究極の1台。3.5リットルスーパーチャージャーエンジンを搭載し、最高出力は406ps。従来の『エヴォーラ』よりも22kg軽量化されている他、フロントとリアの形状などは走りにこだわり細かな部分まで計算され作り込まれた。その見た目は、従来型よりも大柄でがっしりした印象を与える。

関東では初のお披露目。一際目をひく黄色のボディに、ブース前で足を止めて写真撮影をしている来場者の姿も多く見られた。

またロータスブースでは、昨年このオートサロンで初公開されたSUPER GT(GT300)マシン『エヴォーラGT』も展示。昨年はカラーリング前の真っ白なボディだったが、今年は2015年に参戦した状態のカラーで展示された。昨年デビューイヤーながらも高いパフォーマンスを発揮し、2回のポールポジションを獲得。今年は車両として初の勝利も期待される。

その他にLOTUS CUP JAPANの参戦車両である「LCJ EXIGE S」も展示され、多くのクルマ好きから注目を集めていた。
《吉田 知弘》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. 【ホンダ NSX 新型】八郷社長「車がただの道具になってもらっては困る」

    【ホンダ NSX 新型】八郷社長「車がただの道具になってもらっては困る」

  2. 日産 GT-R NISMO、2017年モデル発売…空力性能を向上 1870万0200円

    日産 GT-R NISMO、2017年モデル発売…空力性能を向上 1870万0200円

  3. MINIセブン 発売、原点「オースチン・セブン」を彷彿

    MINIセブン 発売、原点「オースチン・セブン」を彷彿

  4. マツダ アテンザ 商品改良…G-ベクタリングコントロールを採用

  5. 【ホンダ NSX 新型】国内販売価格は2370万円、2017年2月27日より発売

  6. 【モスクワモーターショー16】開幕…まったく予想外の事態にしばし呆然

  7. レクサス CT、クールスタイルの特別仕様…HS、RC、RC F、NX、LSは一部改良

  8. 【ホンダ NSX 新型】車体骨格に世界初の「アブレーション鋳造」部材

  9. 【新型 セレナ 発表】「プロパイロット」の測拒能力は、ミリ波レーダーやステレオカメラを超えたか

  10. 【レヴォーグ STIスポーツ】上質な内装と疲れないクルマを求めてドアポケットにまでこだわり

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら