VWグループの中国販売、3.4%減の354万台…2015年

自動車 ビジネス 海外マーケット

一汽フォルクスワーゲンの新型ボーラ
  • 一汽フォルクスワーゲンの新型ボーラ
  • フォルクスワーゲン ラヴィダ
  • フォルクスワーゲンSAGITER(ジェッタ)
欧州の自動車最大手、フォルクスワーゲングループは1月11日、2015年の中国(香港を含む)における新車販売の結果を公表した。アウディやシュコダなどを含めたグループ全体の総販売台数は、354万8600台。前年比は3.4%減と、中国経済の減速の影響もあり、マイナスに転じた。

フォルクスワーゲングループの中国合弁には、上海汽車(SAIC)との間の上海フォルクスワーゲン(上海大衆)と、第一汽車(FAW)との間の一汽フォルクスワーゲン(一汽大衆)の2社がある。

354万8600台の内訳は、現地生産車が337万1683台と、全体の95%を占めた。ドイツなどからの輸入車は、17万6917台。前年比は20%のマイナス。

また、2015年のフォルクスワーゲンブランドの中国実績は、263万台。前年比は4.6%減と後退した。『ラビダ』をはじめ、『パサート』、『サジター』『ボーラ』、『ティグアン』、『CC』、『ジェッタ』などが販売の中心。

フォルクスワーゲングループチャイナのヨッヘム・ハイツマン社長兼CEOは、「引き続き、中国の顧客のニーズに合う車を提供していく」と述べている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 【リコール】スズキ イグニス、走行中にドアが開くおそれ

    【リコール】スズキ イグニス、走行中にドアが開くおそれ

  2. マツダ CX-4、中国受注が1万台突破…発売1か月

    マツダ CX-4、中国受注が1万台突破…発売1か月

  3. 【池原照雄の単眼複眼】出発点は「謙虚」…マツダの新しい走り「G-ベクタリング」

    【池原照雄の単眼複眼】出発点は「謙虚」…マツダの新しい走り「G-ベクタリング」

  4. 米EVテスラ、小型SUVとピックアップトラック市場に参入へ

  5. ボッシュ、VW問題に声明「メーカー指定の部品を供給しただけ」

  6. オートエクゼ、アテンザ用ストリートスポーツ チューニングキットを発売

  7. 車内温度を素早く下げるには「エアコン+窓全開走行」がおすすめ…JAF検証

  8. クルマを置かないVRショール―ム…代官山蔦屋書店のメルセデス・ベンツ日本に行ってきた

  9. 2代目トヨタ プリウスのタクシー、累計走行距離100万km達成…オーストリア

  10. 高齢者向けタクシー定期券を再開…福岡市内全域に拡大

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら