【IIHS衝突安全】ホンダ シビック 新型、トップセーフティピック+に指定

自動車 ニューモデル 新型車

ホンダ シビック セダン 新型
  • ホンダ シビック セダン 新型
  • ホンダ シビック セダン 新型
  • ホンダ シビック セダン 新型
米国IIHS(道路安全保険協会)は1月14日、新型ホンダ『シビック セダン』を最高の安全性評価の「2016トップセーフティピック+」に指定すると発表した。

IIHSの「トップセーフティピック」の指定を受けるには、前面衝突、側面衝突、追突想定、スモールオーバーラップ衝突、ロールオーバー(車両転覆)の各耐衝撃性能試験の全てで、最高の「GOOD」評価となるのが必要。また、前面衝突予防評価で、「ベーシック」を獲得することも条件になる。

さらに上の「トップセーフティピック+」と認定されるには、トップセーフティピックの耐衝撃性能試験での最高評価とともに、前面衝突予防評価において、3段階評価で2番目の「アドバンスド」、最高評価の「スーペリア」のいずれかが求められる。

今回、新型シビック セダンは、IIHSから最高評価の「2016トップセーフティピック+」に指定された。各衝突テストで、最高の「GOOD」。前面衝突予防評価においても、最高の「スーペリア」と認められた。

アメリカンホンダのジェフ・コンラッド上級副社長は、「新型シビック セダンは、低速追従可能なアダプティブクルーズコントロールを含むホンダ・センシングなど、クラスに例のない技術を用意している」と述べた。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. 【スバル インプレッサ 新型】ヘキサゴンとコの字の組み合わせは今後のスバルの顔

    【スバル インプレッサ 新型】ヘキサゴンとコの字の組み合わせは今後のスバルの顔

  2. 【スバル インプレッサ 新型】専用サイトで国内仕様を公開…歩行者保護エアバッグを初装備

    【スバル インプレッサ 新型】専用サイトで国内仕様を公開…歩行者保護エアバッグを初装備

  3. 【メルセデス Eクラス 新型】ドライブパイロット初搭載、高速渋滞時の自動運転を実現

    【メルセデス Eクラス 新型】ドライブパイロット初搭載、高速渋滞時の自動運転を実現

  4. BMW M5、現行型に最終モデル…5年の歴史に幕

  5. ホンダ NSX 新型、環境性能でフェラーリ/マクラーレン凌駕

  6. 中国ジーリー、新型コンパクトSUVで世界進出へ

  7. ボルボ、S60/V60 ディーゼルモデルにスポーティな特別仕様を設定

  8. 【パリモーターショー16】スマート 新型にEV、初公開へ

  9. メルセデス S300h および S550eロング に左ハンドル仕様を追加

  10. ポルシェ 911 史上最強!?「GT2 RS」がニュル降臨

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら