【東京オートサロン16】ホシノインパル、セレナ・デイズ・エクストレイルがベースの新作キットを初公開

自動車 ニューモデル モーターショー

2014・2015年式車をベースとした2016年モデルを4台(IMPUL X-TRAIL、IMPUL DAYZ、IMPUL DAYZ ROOX)を公開したホシノインパル
  • 2014・2015年式車をベースとした2016年モデルを4台(IMPUL X-TRAIL、IMPUL DAYZ、IMPUL DAYZ ROOX)を公開したホシノインパル
  • 2014・2015年式車をベースとした2016年モデルを4台(IMPUL X-TRAIL、IMPUL DAYZ、IMPUL DAYZ ROOX)を公開したホシノインパル
  • 2014・2015年式車をベースとした2016年モデルを4台(IMPUL X-TRAIL、IMPUL DAYZ、IMPUL DAYZ ROOX)を公開したホシノインパル
  • 2014・2015年式車をベースとした2016年モデルを4台(IMPUL X-TRAIL、IMPUL DAYZ、IMPUL DAYZ ROOX)を公開したホシノインパル
  • 2014・2015年式車をベースとした2016年モデルを4台(IMPUL X-TRAIL、IMPUL DAYZ、IMPUL DAYZ ROOX)を公開したホシノインパル
  • 2014・2015年式車をベースとした2016年モデルを4台(IMPUL X-TRAIL、IMPUL DAYZ、IMPUL DAYZ ROOX)を公開したホシノインパル
  • 2014・2015年式車をベースとした2016年モデルを4台(IMPUL X-TRAIL、IMPUL DAYZ、IMPUL DAYZ ROOX)を公開したホシノインパル
  • 2014・2015年式車をベースとした2016年モデルを4台(IMPUL X-TRAIL、IMPUL DAYZ、IMPUL DAYZ ROOX)を公開したホシノインパル
ホシノインパルは、10台のドレスアップデモカーと2台のレースマシンを展示。そのうち、2014・2015年式車をベースとした2016年モデルを4台(IMPUL SERENA Premium Version、IMPUL X-TRAIL、IMPUL DAYZ、IMPUL DAYZ ROOX)を公開した(写真22枚)。

日産『エクストレイル』(HNT32、2015年式)をベースとしたIMPUL X-TRAILは、フロントグリル、フロントバンパー、サイドステップ、リアハーフ、リアウイング、エアロアンテナなど、トータルドレスアップパーツ「IMPULエアロダイナミクスシステムTypeA」をまとったモデル。白色ボディとブラックホイール「IMPUL AURA SX-50」の組み合わせに、オレンジのアクセントがあしらわれている。

また、『デイズ ハイウェイスター 』(B21W、2015年式)がベースのIMPUL DAYZは、エクストレイルと同様にIMPULエアロダイナミクスシステムをまとい、足をIMPULスポーツコイルスプリングでしめている。

いっぽう『セレナ ハイウェイスター』(C26、2014年式)ベースのIMPUL SERENA Premium Ver.は、シルバーのモノトーンでシックに仕上げた1台。エクストレイルなどと同様のIMPULエアロダイナミクスシステムに加え、IMPULブラスト2マフラー、IMPULナビゲーション、IMPULスーパーショックタイプ1、IMPULスポーツコイルスプリングなどが組み合わさる。

同社ブースでは、こうしたドレスアップデモカーのほか、SUPER GT 2013 GT500クラス参戦車「カルソニック IMPUL GT-R 2013」(松田次生/ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ)や、SUPER FORMULA 2015 参戦車「LENOVO TEAM IMPUL SF14」(No.19 ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ)も展示され、注目を集めていた。
《大野雅人》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. メルセデス CLA 改良新型…フロントマスク刷新、379万円より

    メルセデス CLA 改良新型…フロントマスク刷新、379万円より

  2. 【日産 セレナ 新型】事前予約の7割がプロパイロットを装備

    【日産 セレナ 新型】事前予約の7割がプロパイロットを装備

  3. 【日産 セレナ 新型】星野専務「セレナの魅力はプロパイロットだけではない」

    【日産 セレナ 新型】星野専務「セレナの魅力はプロパイロットだけではない」

  4. 【レヴォーグ STIスポーツ】発売1か月で3000台超え、購入者の6割は40~50代

  5. 【レヴォーグ STIスポーツ】ボルドー内装で上質さをアピール

  6. テスラ、航続距離613kmの モデルS P100D を発売…1480万円より

  7. 【ペブルビーチ 16】KEN OKUYAMAの「kode57」…V12は620馬力

  8. 【インタビュー】マツダ アクセラ 柏木主査「Gベクタリングコントロールはあくまで要素のひとつ」

  9. ボルボ XC60、装備充実の新グレード クラシック を追加

  10. マツダ ロードスター「RF」、米国発売記念車…1000台限定

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら