【東京オートサロン16】日野自動車ブースは“脱セクシー”!? お花畑とミツバチ | レスポンス(Response.jp)

【東京オートサロン16】日野自動車ブースは“脱セクシー”!? お花畑とミツバチ

自動車 ニューモデル モーターショー

日野自動車ブースが脱セクシー化。コンパニオンと記念写真を撮れるように。
  • 日野自動車ブースが脱セクシー化。コンパニオンと記念写真を撮れるように。
  • コンパニオンはお花畑を飛び交うミツバチに。
  • 展示車両のカスタマイズは最小限。
  • カバーを取り付けたり…。
  • シート表皮を変える程度。
  • ステージは大型トラック「プロフィア」の荷台をそのまま転用。
東京オートサロンの日野自動車ブースといえば、これまではコンパニオンがポールダンスを披露するなど、「セクシーさを強調した」という感じだったが、今年はそれを一新。お花畑をイメージしたものとなった。

今回の出展コンセプトは「FLOWER PARK みんなをエガオに!」。お花畑から花屋さんまで、トラックが花を運ぶ様子を表現したブースを展開。

「コンパニオンと一緒に記念写真を撮影できる」というのがブースの特長となっており、コンパニオンは「お花畑に飛び交うミツバチ」をイメージした衣装を着ている。

展示されているモデルも『デュトロ』をベースに花をイメージした装飾とカスタマイズパーツを装着したもので、ステージは大型トラック『プロフィア』の荷台を活用したものとなっている。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品