【東京オートサロン16】アルトワークス が人気、スズキは現実的なカスタマイズを提案

自動車 ニューモデル モーターショー

スズキは現実的なカスタマイズを提案。
  • スズキは現実的なカスタマイズを提案。
  • アルトワークスはMotoGPに参戦している「チームスズキ エクスター」のグラフィックを外観に採り入れた。
  • イグニスは「コンパクトクロスオーバー」としての性格をより高める。
  • ハスラーは専用タイヤを装着するとともに、リフトアップを行った足回りが特長。ホイールはスチールだ。
  • 手の届きそうなカスタマイズがスズキらしい。
スズキは『アルト ワークス』、『ハスラー』、『イグニス』の3車種のカスタマイズモデルをステージ上に展示した。現実的なカスタマイズを提案する。

アルト ワークスはMotoGPに参戦している「チームスズキ エクスター」のグラフィックを外観に採り入れたモデル。レカロ製のシートや専用のアルミホイールを装着しており、スポーツモデルの性格をさらに磨き上げた。

ハスラーは専用タイヤを装着するとともに、リフトアップを行った足回りが特長。内装は遊び心あふれるデザインを採り入れた。

イグニスは「コンパクトクロスオーバー」としての性格をより高め、タフな足回り、そしてレザーを採用した上質な室内空間が特長となっている。外観のデザインはおとなしめだが、底力を感じさせる。

市販モデルでは、アルト ワークスの注目度が高く、「シートに座ってみたい」という男性が目立った。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. 日産 GT-R NISMO、2017年モデル発売…空力性能を向上 1870万0200円

    日産 GT-R NISMO、2017年モデル発売…空力性能を向上 1870万0200円

  2. 【ホンダ NSX 新型】八郷社長「操る喜びを実現した新時代のスーパースポーツ」

    【ホンダ NSX 新型】八郷社長「操る喜びを実現した新時代のスーパースポーツ」

  3. 【レヴォーグ STIスポーツ】上質な内装と疲れないクルマを求めてドアポケットにまでこだわり

    【レヴォーグ STIスポーツ】上質な内装と疲れないクルマを求めてドアポケットにまでこだわり

  4. レクサス CT、クールスタイルの特別仕様…HS、RC、RC F、NX、LSは一部改良

  5. 【新型 セレナ 発表】「プロパイロット」の測拒能力は、ミリ波レーダーやステレオカメラを超えたか

  6. マツダ アテンザ 商品改良…G-ベクタリングコントロールを採用

  7. 【ホンダ NSX 新型】ホンダアクセス、各種純正パーツ発売…専用開発の鍛造アルミなど

  8. 【ホンダ NSX 新型】開発責任者「誰もが楽しめるスポーツカーを目指した」

  9. BMW M4 がパワーアップ!? 「GTS」エアロ採用となるか

  10. 【ホンダ NSX 新型】走行モードは4種類…サーキットモードも

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら