一度に14人が死亡、1990年以来初めての惨事…バス転落事故

自動車 社会 社会

長野県軽井沢町の国道18号(碓井バイパス)で起きた大型バスの転落事故は、搭乗した運転手2人を含む14人が死亡、27人が重軽傷を負うという惨事になった。

近年減少傾向を続けていた交通事故だが、一度の事故で亡くなったケースとしては、警察庁の事故統計システムが起動した1990年以降、初めての最悪な結果となったことが、同庁への取材でわかった。

10人以上の死亡事故は、1996年に兵庫県で起きた衝突事故で11人が死亡して以来だ。

事故は15日深夜1時55分頃、JR軽井沢駅から2kmほどの場所、群馬県と長野県の県境付近で起きた。国道18号(碓井バイパス)を群馬県側から長野県側に向かう途中で、連続した急カーブを抜けて緩やかな下り坂を曲がり切れず直進し、反対車線側にある沢に転落した。

乗客はツアー会社「キースツアー」(渋谷区)のホームページから応募した18歳~32歳の若者だった。

石井啓一国交相は「今回、こういう大きな事故が起きたことはたいへん遺憾に思っている」と、午前中の会見で話した。
《中島みなみ》

関連ニュース

特集

おすすめの商品

自動車 社会 アクセスランキング

  1. ETC2.0最大50%割引など貨物・旅客への支援厚く...国交省二次補正、自動車関連など

    ETC2.0最大50%割引など貨物・旅客への支援厚く...国交省二次補正、自動車関連など

  2. トヨタ カローラ の耐久性、ここに極まる?!…パキスタンで実証[動画]

    トヨタ カローラ の耐久性、ここに極まる?!…パキスタンで実証[動画]

  3. 鉄道乗換え時間ピーク時とオフピーク時の差、首都圏は1.0分と三大都市圏で最大…大都市交通センサス調査

    鉄道乗換え時間ピーク時とオフピーク時の差、首都圏は1.0分と三大都市圏で最大…大都市交通センサス調査

  4. 会社敷地内の踏切で列車と乗用車が衝突

  5. 転倒したバイクの運転者が死亡、後続車がひき逃げの可能性も

  6. 応募倍率約9倍、まるで本物の記者…首都高に潜入「キッズプレス」に密着

  7. 280馬力規制ついに撤廃…“行政指導”の裏事情を探る

  8. 『ETC 2.0』普及へ前進、経路別の料金優遇などサービス具体化へ

  9. 飲酒運転のクルマが2件の追突事故、33歳の男を逮捕

  10. 原付バイクと衝突して逃走、ナンバーの目撃情報から容疑者を逮捕

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら