プリンセス・クルーズ、眠りのエキスパートと専用開発したベッドを全クルーズ船に

船舶 企業動向

プリンセス・クルーズは、船上で極上の眠りを提供するため、特別に新しくデザインしたプリンセス・ラグジュアリー・ベッドを発表した。

新しいベッドは、「スリープ・ドクター」と呼ばれる眠りのエキスパート・マイケル・ブレウス博士、米国ケーブルテレビの人気番組「キャンディス・テルズ・オール」や「ディヴァイン・デザイン」の人気デザイナーであるキャンディス・オルソン氏の両氏のコラボレーションによって開発した新型ベッド。今後、4万4000台以上を製造、2018年にかけて全隻のすべての船室に設置する。

開発したプリンセス・ラグジュアリー・ベッドは、厚さ5センチの贅沢なピロートップ、適度な硬さで体をしっかりサポートする22.5センチの片面仕様マットレス、パートナーの振動が伝わりにくいポケットコイル、ヨーロッパ風の羽毛布団、100%ジャカード織りコットンリネンなどが特徴。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

船舶 アクセスランキング

  1. 軍艦の“縦列係留”、防空壕、廃線跡…日本海唯一の軍港都市・舞鶴[フォトレポート]

    軍艦の“縦列係留”、防空壕、廃線跡…日本海唯一の軍港都市・舞鶴[フォトレポート]

  2. ヤマハ発動機、「マリンカーニバル2016」にフラッグシップスポーツボートなどを出展

    ヤマハ発動機、「マリンカーニバル2016」にフラッグシップスポーツボートなどを出展

  3. 【シージャパン16】水難救助に威力を発揮…投げて水中で膨らむ浮き輪

    【シージャパン16】水難救助に威力を発揮…投げて水中で膨らむ浮き輪

  4. 【ジャパンボートショー16】不沈ボートを開発、6月から販売開始…沖縄の中小企業

  5. 商船三井、自動車輸送サービスに世界統一ブランドを導入…「MOL ACE」

  6. 商船三井フェリー、「さんふらわあ だいせつ」が復帰…安全設備を増設

  7. ヤンマー、小型ヨット種目「国際モス級」世界選手権大会のスポンサーに

  8. 千葉港の新たな旅客船ターミナル、45分のクルーズ船から[フォトレポート]

  9. 【ジャパンボートショー16】ヤンマー、ボートオブザイヤー「EX38A」などメイン展示

  10. 世界最大級客船の名前は「ハーモニー・オブ・ザ・シーズ」に決定…ロイヤル・カリビアン

アクセスランキングをもっと見る