富士急行、「フジサン特急」2000系ラストランイベント実施…2月7日

鉄道 企業動向

富士急行は2月7日の2000系(写真)引退にあわせ「ラストランイベント」を実施する。
  • 富士急行は2月7日の2000系(写真)引退にあわせ「ラストランイベント」を実施する。
  • 富士急行は2月7日の2000系(写真)引退にあわせ「ラストランイベント」を実施する。
富士急行は2月7日、『フジサン特急』で運用している2000系電車(2001編成)が同日限りで引退するのにあわせ、「ラストランイベント」を富士山駅(山梨県富士吉田市)で行う。2015年12月から実施している引退記念キャンペーンの「締めくくり」となるもの。

主な内容は、運転台見学イベントとグッズ販売会。運転台見学イベントは14時10分から16時(受付終了は15時30分)までで、富士急行線の乗車券か富士山駅の入場券を持っている人に限り、2001編成1号車の運転台を見学できる。グッズ販売は10時30分から16時までだが、記念入場券のみ9時30分から先行販売する。

このほか、河口湖駅では16時30分から50分まで、『フジサン特急12号』の発車時刻(16時49分)にあわせて「ラストラン出発式」を行う。その後、2000系の「プレミアムツアー」を19時15分から20時15分にかけて実施。河口湖駅から2000系に乗って富士山駅で下車し、ここから徒歩で電車修理工場に入り、2000系の入庫を工場内から迎える。プレミアムツアーの参加費は5000円で、30人を募集。申込みは往復はがきで受け付ける。締切は1月25日。

2000系は富士急行線の『フジサン特急』で運用されている電車。JR東日本の165系電車「パノラマエクスプレスアルプス」6両(3両編成2本)を譲り受け、2002年から『フジサン特急』として運行を開始したが、老朽化のため2002編成が2014年に引退した。残る2001編成も2月7日限りで引退する。

2001編成は2015年12月中旬の車両故障で運休していたが、富士急行によると「懸命な復旧作業」により、1月5日から営業運行を再開している。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

鉄道 アクセスランキング

  1. 新型新幹線 N700S、「進化」から「最高」へ…世界最軽量・低コスト・編成自由

    新型新幹線 N700S、「進化」から「最高」へ…世界最軽量・低コスト・編成自由

  2. エヴァ新幹線、7月から再び運行へ…山陽新幹線「500 TYPE EVA」

    エヴァ新幹線、7月から再び運行へ…山陽新幹線「500 TYPE EVA」

  3. JR西日本の阪和線用225系改良車、7月から運転開始

    JR西日本の阪和線用225系改良車、7月から運転開始

  4. 伊豆急行の「新たな列車」、来年登場へ

  5. 東武鉄道、松原団地駅を「獨協大学前」に改称へ…副名は「草加松原」

  6. 駅があった場所に造られた「駅」…北海道の廃線跡にできた民宿を訪ねてみた

  7. 運輸審議会、宇都宮LRT計画で公聴会の開催を決定…7月26日

  8. 札幌市営地下鉄東豊線の7000形がラストラン…6月25日

  9. 西武鉄道と秩父鉄道、西武秩父発のSL列車再び運転…7・8月の2日間

  10. 東急電鉄など、初の座席指定列車を西武車で運転…来春から

アクセスランキングをもっと見る